ダウン症の出産率が増加する理由は晩婚化が原因なのか?

近年、かなりのスピードで増加している高齢出産。

マスメディアで伝えられる芸能人の出産も、高齢出産が花盛りです。

35歳以上は言うまでもなく、40歳を過ぎての出産も、最近ではそれほど珍しくなくなってきました。

メディアを通して伝えられるママの笑顔に感化されたように、高齢出産が当たり前になってきている風潮もあります。

メディアが伝えない高齢出産のリスクの1つが、胎児の染色体異常。

ダウン症の増加と高齢出産の関係をまとめました。

 

スポンサーリンク


 

高齢出産の増加と比例するダウン症の増加

downsyndrome

高齢出産とは、35歳からの出産を言います。

厚生労働省の調査によると、この10年間で35歳以上での出産はほぼ倍増

そして、この10年間に増加したのが、胎児異常が理由と見られる中絶で、10年前に比べると倍増したそうです。

胎児の異常ではダウン症が多く、ダウン症に限って見ると、10年前の3倍にも増えたと言います。

染色体異常の代表疾患であるダウン症。

ダウン症児が生まれる確率は、妊婦の年齢と大きく関係していることが知られています。

妊婦が20歳では、ダウン症児を生む確率は1667分の1。

35歳では378分の1。40歳で106分の1。

45歳では実に30分の1になります。

ダウン症に限らず、すべての染色体異常の発症率も、45歳時では、20歳時のおよそ25倍になるとされています。

染色体異常の確率が急速に高まるボーダーラインが、35歳と言われています。

 

スポンサーリンク

▶︎ダウン症の男女に生殖能力はあるのか?結婚や出産は可能なのか?

 

卵子の老化が染色体異常の原因の1つ

卵子は、女性が胎児の時に一生分が作られます。

後から新たに作られるわけではありません。

女性が高齢になると、卵子も老化していくと考えられます。

卵子が卵巣の中にある期間が長くなればなるほど、遺伝を司る染色体やDNAにダメージが蓄積されます。

細胞分裂の力も低下します。そのため、高齢出産では、減数分裂の際に第21染色体が離れにくくなり、第21染色体が1本余分に存在するダウン症の出産率が高くなると考えられています。

また、胎児の染色体異常が多くなると、流産の確率も高くなります。

流産は、高齢出産でなくても1割前後発生しますが、その原因のほとんどは染色体の異常によるものです。

高齢で妊娠すると、胎児の染色体異常も起こりやすくなるため、流産の確率が高くなります。

 

▶︎ダウン症検査の精度や確率について!28歳以降の出産は要注意!?
 

出産適齢期を認識したうえで選択

夫婦共働きが普通になり、結婚しても子作りよりも仕事を優先させる女性が多くなりました。

結婚して生活スタイルを変えるのが嫌で、結婚を先延ばしする女性も少なくありません。

結婚はコスパが悪いと考える女性も、増えていると言われています。

人生設計は、個人の自由です。

しかし、卵子の老化のことを知らず、妊娠や出産を望んだ時に想定外の事態に後悔して「卵子の老化のことをもっと早く知っていたら、別の選択をしていたのに」と悔やむ女性が少なくないのが、実情です。

不妊治療に取り組む産婦人科医からも、「女性にとってどの年齢が妊娠や出産に適しているかをきちんと認識してほしい」との声が上がっています。

 

▶︎ダウン症の出産原因は主に薬なのか?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ