ダウン症の子供はなぜ天使と言われるのか?理由は笑顔が可愛いから?

スポンサーリンク

「ダウン症の子供は天使」としばしば言われます。

どうしてそのような表現がなされるのか?

Yahoo!知恵袋等にたびたび質問が寄せられることがあります。

ダウン症の子供を持つ親の有志で立ち上げた会では、特にコメントを出していませんので、一般的な見方がどのようなものかを、ネットの回答やブログ等から探ってみました。

Engelsflgel

圧倒的に多い笑顔への関心

ダウン症の子供の笑顔に癒されるという声は、よく聞かれます。

邪気のない笑顔、天真爛漫な笑顔などと表現されることが多いようです。

いつもニコニコしているという声もよく聞かれます。

ダウン症の子供の笑顔への関心は、自閉症やADHDの子供と接した時に、特に高まるようです。

ネットでの回答では、自閉症やADHDの子供との比較という形で、ダウン症の子供のニコニコぶりが印象付けられたという指摘が、たびたび見られます。

自閉症やADHDの子供の場合、パニックを起こして他の子供を叩いたりすることもあり、扱いに苦労するということから、そのようにパニックを起こすことがないとして、ダウン症の子供との接しやすさを評価する人は、少なくないようです。

ダウン症の子供の笑顔を、「すごく可愛い、素直で太陽のような笑顔」と絶賛する書き込みも見られます。

笑顔が可愛いということは、「ダウン症の子供は天使」とする表現を生む理由の1つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

▶︎ダウン症の子を持つ親の特徴!仕事・年齢は見たら×××が判明!?

攻撃性が低いことも理由か?

笑顔に象徴される社会性。

ダウン症の子供は、社会性が豊かで育てやすいということも、しばしば言われることです。

社会性が豊かなので、できないことがあるのは確かだけれど、ゆっくりと丁寧に指導してあげれば、できるようになるし、一旦できるようになったら、とても丁寧にするので、安心して任せられるということも、よく耳にすることです。

そのような評価も、自閉症やADHDの子供との比較に基づいて下されることが少なくないようです。

自閉症やADHDの子供だと、しばしば機嫌を悪くして他の子供を攻撃することがあるのに対して、ダウン症の子供は、かんしゃくを起こすことがなく、一人でも時間を潰せ、遊んでほしがる時の誘い方が優しいと言われます。

攻撃性の低さは、可愛さにつながりやすいようです。対応のしやすさも、可愛いという評価を生む要因の1つと言えそうです。

「ダウン症の子供は天使」という表現は、しばしば取り上げられます。

その言葉を取り上げ、理由を探っていく時に見えてくるのは、同じく障害を持つ他の子供との無意識のうちの比較です。

自閉症、ADHDなどが、比較の対象とされていることが多いようです。

ネットでの質問に客観的な答えをしている人の多くは、自閉症やADHDの子供との比較から、ダウン症の子供の笑顔や攻撃性の低さに注目していると言えそうです。

▶︎ダウン症の子を持つ親の本音とは×××だった!


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ