ダウン症の子に対する支援制度!補助金や医療費はどうなる?

スポンサーリンク

わが子がダウン症と知り、その事実を受け止める段階に至った時、まず気になるのが、経済的な問題でしょう。

障がいを一生抱えるわが子。合併症が重い場合は、差し迫った苦悩を抱えることになります。

ダウン症の子供への支援制度は、どうなっているのでしょうか?

補助金や医療費は、どのようになっているのでしょうか?

down

発達検査から特別児童扶養手当申請まで

ダウン症の子供は、多くの場合、知的発達が遅れます。

遅れの程度を判定することから、支援のための手続きは始まります。

発達検査を受けられる時期について、制限はありません。

0歳でも、手続き上は、支障ありません。

ただし、実際には、1歳前後で受けることが多いようです。

0歳児では、知的レベルを正しく判断することが難しいからです。

申し込んでから検査を受けるまでには、数ヶ月かかることが、少なくありません。

1歳になる1~2カ月前に申し込んでおくと、良いでしょう。

発達検査の後、結果に応じて、療育手帳が受け取れます。

療育手帳とは、知的障がい者向けに都道府県が発行する手帳です。

ダウン症の子供への支援制度の根幹を成します。

療育手帳の分類は、都道府県によって多少異なりますが、おおよそ3段階に分けられています。

目安としては、IQ35以下が重度、IQ36~50が中度、IQ51~75が軽度です。

療育手帳を取得すると、さまざまな支援が受けられます。

その中でも、養育者の経済的な負担を和らげるのが、特別児童扶養手当です。

特別児童扶養手当とは、20歳未満の障がいを有する児童を扶養している父母に対して支給される補助金です。

申請の窓口は、市区町村の役所です。申請をすれば、1歳から支給されます。

特別児童扶養手当は、障がいのレベルに応じて、1級と2級に分けられています。

目安としては、療育手帳の重度が1級、中度と軽度が2級に相当するようです。

補助金の額は、1級では月額約5万円、2級では月額約3万円。

支給されるのは、毎年4月、8月、12月。4ヶ月分の補助金がまとめて支給されます。

スポンサーリンク

▶︎全世界のダウン症の人数は?現在の状況はどうなっているのか?

医療費の助成やその他の支援は?

中学生以下の子供については、さまざまな形で医療費の助成が行われています。

自治体によっては、子供の医療費の全額を補助しているところもありますが、実際の負担額は、居住地によって異なります。

入院費は、一般の子供も含め、過半数の自治体が無料にしています。

指定疾患の子供がいる世帯の自己負担額上限は、所得に応じて、月額1250円~15000円支給されます。

疾患によっては、症状の程度で医療費が助成されるかどうかが決まります。

療育手帳が重度の場合、心身障害者医療費の助成で、65歳まで医療費が無料または一部免除となります。

療育手帳を取得すると、国税や地方税の減税、NHK受信料の割引、旅客鉄道運賃の割引等の措置が行われます。

遊園地などの施設の中には、療育手帳を持っていると、入場料を割り引いてくれるところもあります。

療育手帳を持つ障がい者は、その施設を十分に満喫できないというのが、主だった理由です。

4~5割引きのところが多いようです。

ダウン症では、20歳になると、障害基礎年金が受給できます。

障害基礎年金は、平均月額8~10万円です。

▶︎ダウン症の子供が自立するためにやっておきたい3つの事!


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ