ダウン症の子を持つ親の本音とは×××だった!

down

親にとって子育てとは人生において大変長い道のりです。

そして、生まれてくる子供が、ダウン症などの場合は、通常の子育て以上のものが求められてしまうことも有ります。

時にダウン症の子育ては難解で、親としてさまよう気持ちを抱きながら育てていることも当然あります。

そんな時に「同じようにダウン症の子供を育てて居る人はどう思って育てて居るのか?」と気になってしまったりもします。

ダウン症の子供を抱えている者同士の意見交換の場は、近年インターネットの普及などで増えています。

では、そんな親たちの本音とはどういったものなのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子供を持つ親の本音とは?

ダウン症の子供をもつ親として様々な悩みとなるものは存在します。

子育ての難しさや、学校などでの待遇や、就職の悩みなど、日々子育てをしているとおのずとやってきます。

その大変さについつい「ダウン症だから・・・」という理由をつけて悩んでしまうと思います。

しかし、子育ては何もダウン症に限って大変なわけではありません。

そういった難病を抱えた子供じゃなくても、子育ては大変で、時に悩み、ぶつかり合うこともあり、苦悩して子供を育てていたりします。

ダウン症の子供の親になると、ついつい何でも「ダウン症」というものをつけて悩んでしまう癖が付いてしまいますが、実は一般的にみんな子育てには悩んでいるのです。

 

スポンサーリンク

 

確かにダウン症の子供の親の方が悩むべきものは多いかもしれません。

しかし、「ダウン症」というものに卑屈にこだわり過ぎてしまう事で思考の視野が狭くなり、全てにおいて「ダウン症」という前提で悩みが始まってしまうのです。

そうなってしまうと、世間でもある悩みを余計に複雑に考えてしまいます。

子育ては大変な時にこそ気づくことも多いと言われています。

ですのであまりダウン症の子供だからという考えは強く持たないようにしてください。

そして、ダウン症の子供の親が一番考えることは「親が居なくなった後」です。

しかし、ダウン症の子供でなくても心配させられる子供は居ます。

ダウン症のを抱える人の就職は確かに通常より難関ですが、決して無理ではありません。

ダウン症の子供の親は、そのお膳立てをしていけば良いのではないかという気持ちで、子供の道筋をサポートしてあげてください。

▶︎ダウン症の人は親が亡くなった後の老後が心配!みんなどうしてる?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ