ダウン症の子供の遊び方!ダウン症に効果的な遊びはあるのか?

downsyndrome

 

ダウン症の子供はどんな遊びが好き?

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子供は発育が非常にゆっくりと進みます。

言葉でのコミュニケーションの発達はかなり遅れる傾向にありますが、全体として成長がゆっくり進むと考えていいでしょう。

そのため、同じ年齢の健常者の子と一緒に考えるよりは、実年齢より少し幼いと考えた方がよいかもしれません。

そのため、年齢より少し低い遊びから徐々に実年齢に適した遊びにならしていくとよいでしょう。

遊びは楽しいことが大前提ですから、本人が好きな遊びを主軸に置くといいと思います。

もちろん、どういう遊びが好きかは個人差があります。

しかし、ダウン症の子は全体的に歌ったり踊ったりすることが好きな子が多いようです。

関節が柔らかいため、激しい運動は難しいですが、体を動かすことは肥満を防ぎ、健康に良いとされます。

無理のない範囲でダンスを行うのは、ダウン症の子にとてもよい効果があるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 
▶︎ダウン症の子供が肥満になる原因はアレ!気をつけたい3つのポイント!

 

ダウン症に効果的な遊び

ダウン症の子には指先がうまく動かせないため、不器用になる子が多いです。

それを防ぐには積み木遊びのような指先を使う遊びを行うと、改善が見込めます。

言語の発達も遅れがちなので、絵本を読んだり歌を歌ったりすることも遊びながらよい訓練になります。

もちろん、親御さんが読んで聞かせてあげる、話しかける、歌を歌って聞かせるだけでもよい訓練になります。

また、ほかの子供と遊ぶことで精神面が発達し、集団で行動することを学ぶ機会になります。

こういったダウン症によりよい遊び方を親御さんだけで考えるのが難しいときには、療育センターに通うことをおすすめします。

開催している地域によってどういう方針なのかにもよりますが、ダウン症についての知識や適した遊び方を指導してくれます。

人数によっては通うのが難しいこともありますが、家でできる遊びなどを教えてもらうだけでも、ためになると思います。

また、ダウン症の子供を持つ親の会で話を聞くことも、参考になるのではないでしょうか。

何にしろ、遊びの中で発達を促す訓練を行うときは、楽しみながら行うことが重要です。

楽しいことは継続します。

ダウン症児に限らず、子供の教育は継続して行うことが力になります。

我が子がどうやれば楽しめるのかを工夫する必要があります。

 

▶︎ダウン症でも運転免許は取得できるのか?車の運転の危険性について!


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ