世界ダウン症の日(one+love WORLD)のイベントとは!

ダウン症によって

苦しめられている人は

世界中にたくさん存在しています。

どんなに注意していても

ダウン症児を完全になくすことは

不可能でしょう。

 

親が無知であるために、

ダウン症児を生み出してしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

 

世界ダウン症の日

2012年から国連は3月21日を

世界ダウン症の日として制定しました。

 

Šî–{ CMYK

http://www.causeribbon.or.jp/news/2012/03/3321.htmlより引用

 

国際的にダウン症について

認知度を高めることによって、

より理解を深めて、

ダウン症の方が暮らしやすい

世界を作り出すために制定されたものです。

 

この日には色々な

啓発イベントが行われており、

世界中の人にダウン症のことを

訴えていくことに成功しています。

 

国連では国連デーというものを制定しています。

 

これは全世界の個人や

団体に対して重点的な

問題の解決を呼びかけるためのものです。

 

世界各地で記念行事が行われることによって、

その問題を共有して、

解決するために

みんなが協力することができるようになります。

 

実際にダウン症にかかっている人達が

このイベントに参加して、

たとえば写真展やダウンス、

セミナーなどを行っています。

 

身近なところで

ダウン症の方と触れ合うことによって、

ダウン症に対する

偏見をなくすことができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症に対しての偏見

 

ダウン症に対しては

色々な誤解や偏見が存在しています。

 

それらを放置しておくと、

世界はダウン症の方にとっては

生きづらいものとなるでしょう。

 

ダウン症であっても

同じ人間であり、

日常生活を問題なく

送ることができます。

 

自分の子供がダウン症であることが

分かり悲観的な

気持ちになっている人がいます。

 

そのような方にも希望を与えて、

ダウン症児とともに

生きていく決意をさせるために

世界ダウン症の日では

さまざまな試みが行われているのです。

 

ダウン症に対して関心を持ちましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ