妊婦に与える葉酸のデメリット!葉酸を飲む前に知っておこう

スポンサーリンク

妊娠したら、必ず摂取したいのが、葉酸サプリメントです。

厚生労働省も、通常の食事に加えて、サプリメントで葉酸を摂取することを、推奨しています。

そうした葉酸にも、デメリットがあるのをご存知でしたか?

葉酸を飲み始める前に、デメリットを知っておきましょう。

yousan

多く摂りさえすれば良いわけじゃない!過剰摂取がデメリットを生む

葉酸のデメリットは、過剰摂取した時に現れます。

妊婦に見られる主なデメリットは、葉酸過敏症。

葉酸過敏症の症状としては、発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などが、あげられます。

胎児にも、葉酸の過剰摂取によるデメリットが、現れる事があります。

妊娠後期に当たる、妊娠30~34週に、葉酸を過剰摂取し続けていると、赤ちゃんの小児喘息のリスクが、25%高まることが、報告されています。

妊婦に見られるデメリットも、胎児に現れるデメリットも、合成のモノグルタミン酸型の葉酸を、1日1000μg以上摂り続けた場合です。摂取量を守れば、特に心配はありません。

→アメリカ産の葉酸サプリは安全?国によって成分とかは違うのか?

好ましい摂取量は妊娠初期と妊娠中~後期では異なる

葉酸の摂取量として、厚生労働省が推奨しているのは、1日400μgです。

これは、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントから摂りたい量です。

厚生労働省が葉酸サプリメントの摂取を推奨しているのは、この期間です。

妊娠初期には、胎児の神経管が形成されます。

神経管は、脳や脊髄の形成と成長に、大きく関わる身体部位です。

葉酸は、DNAを含む核酸の合成や細胞分裂を促す作用があります。

妊娠前から妊娠初期にかけては、特に多量の葉酸が必要になります。

妊娠中期から後期にかけては、1日240μgの葉酸をサプリメントから摂取するのが、好ましいとされています。

妊娠中期から後期にかけては、胎児の成長に鉄分が多く使われ、母体の血液中の鉄分が減少します。

貧血になりやすいのが、妊娠中期から後期にかけてです。

葉酸には造血作用があります。

サプリメントで葉酸を補給するのが、好ましいとされています。

スポンサーリンク

→葉酸サプリは薬局やドラッグストアで買わない方が理由とは?

サプリメントの用量を守れば過剰摂取の心配はない

食事から葉酸を摂取するのに加えて、サプリメントから葉酸を摂取しても、過剰摂取の目安とされる1日1000μgを、超えることはありません。

食品に含まれる葉酸は、水や熱に弱く、調理の際に多くが失われてしまうためです。

コロンビア大学の研究によると、10分間、野菜を強火で煮ると、失われる葉酸の量は、ブロッコリー69%、ほうれん草65%、キャベツ57%、アスパラガス22%と報告されています。

また、葉酸は、水溶性のビタミンなので、通常の食生活で、たとえ一時的に過剰に摂取したことがあっても、不要な分は、尿などで排出されます。

葉酸サプリメントの用量を守れば、過剰摂取によるデメリットは、心配しなくて良いとされています。

→【ダウン症予防】ヤマノ葉酸サプリの口コミや評判!妊婦にオススメ?

葉酸サプリは妊娠初期だけ飲んでいればいいわけじゃない

厚生労働省が、葉酸サプリの摂取を推奨しているのは、妊娠初期です。

胎児の先天的な奇形のリスクを、葉酸が少なくするためです。

しかし、葉酸は、妊娠中期から後期にかけても、摂取したい栄養素です。

妊娠中期から後期にかけては、胎児の成長に鉄分が多く使われます。

母体の血液中の鉄分が減少し、貧血が起こりやすくなります。

葉酸には、造血作用があります。

妊娠中期から後期にかけても、葉酸サプリを飲み続ける事で、貧血というデメリットを回避できます。

→妊娠中に葉酸を飲んでないと起こるべき最悪の結果3選!

妊娠中期から後期の適当な葉酸の摂取量は?妊娠初期と同じ量を摂ると多すぎる

葉酸の摂取量として、よく知られているのは、1日あたり400μgです。

これは、厚生労働省が推奨する、妊娠初期の摂取量です。

妊娠中期から後期は、1日あたり240μgが適量とされています。

葉酸サプリには、400μgを1錠で摂れるようにしてあるものが、少なくありません。

その場合、妊娠中期から後期には、葉酸を摂りすぎてしまいます。過剰摂取によるデメリットが、生じてしまいます。

妊娠中期から後期に、摂取量を調整できるのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリは、1日分400μgを4粒で摂取できるようにしてあります。

葉酸の摂取量に変化が生じた妊娠中期から後期にも、量を調整できます。

過剰摂取によるデメリットを防ぐ事ができます。

→ベルタ葉酸サプリの口コミ評判!ダウン症予防で葉酸を飲んでいる人は多い?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ