ダウン症の赤ちゃんの肌トラブル!スキンケアで肌のトラブルを防ぐ

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌は、意外とトラブルを起こしやすいものです。

プルプルの卵肌を保つには、ママの入念なケアが欠かせません。

特に、ダウン症の赤ちゃんは、肌トラブルを起こしやすい傾向があります。

肌が、常にガサついているのが、ダウン症の赤ちゃんの特徴です。

どのようなスキンケアをしてあげたら、良いでしょうか?

 

down

 

 

体液循環の悪さから乾燥しやすい

ダウン症の赤ちゃんは、頻繁に肌トラブルを起こします。

夏場は、日焼けやあせも。冬場はしもやけ。

お風呂に入れた後はもちろん、顔を拭いてあげたり、授乳の後でお口の周りを拭いてあげたりした後、そのままにしておいただけで、お肌はガサガサしてしまいます。

ダウン症の赤ちゃんが、肌トラブルを抱えやすいのは、体液循環が悪いのが、原因の一つと考えられています。

体液の循環の悪さは、子供の頃だけの問題ではありません。

大人になっても、ダウン症の人は、お肌にトラブルを抱えやすいようです。

日頃のスキンケアは、赤ちゃんから大人まで、続けるようにしたいものです。

乾燥を防ぐために、こまめに水分や油分を補うことが、大切です。

特に肌が乾燥しやすいのが、お風呂上り。

入浴後は、タオルで押さえるように拭いてから、5分以内に保湿剤をつけるようにしましょう。

刺激のない、赤ちゃん用の保湿剤が良いでしょう。

保湿剤をこまめに塗る他、マッサージをして、体液の循環を促すと、一層、効果が上がります。

 

スポンサーリンク

→ダウン症の新生児はよく寝るのか!?

 

湿疹ができたら、病院を受診

お肌が乾燥したまま、放置していると、乾燥性乳児湿疹などの肌トラブルを起こします。

湿疹ができたからと言って、むやみにクリームを塗るのは、控えましょう。

クリームの成分によっては、湿疹を悪化させます。

湿疹ができたら、まずは、お肌を清潔に保ちましょう。

お風呂で石鹸を泡立て、しっかりと洗ってあげるのが、基本です。

洗っても、赤ちゃんが痒がったり、不機嫌だったりしたら、病院を受診しましょう。

乳児湿疹と診断されたら、通常は、ヒルドイド軟膏やアンダーム軟膏などの非ステロイド系の塗り薬が、処方されます。

ヒルドイド軟膏やアンダーム軟膏は、保湿効果やかゆみを抑える働きがあります。

効果は、穏やかです。

その代わり、副作用がほとんど無いのが、メリット

ただし、湿疹ができたら、非ステロイド系の塗り薬を塗れば大丈夫というわけではありません。

湿疹の原因が、アトピー性皮膚炎だった場合、非ステロイド系の塗り薬を塗ると、症状を悪化させることがあります。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の区別は、非常に難しく、見た目では、素人には区別がつきません。

病院を受診しましょう。

アトピー性皮膚炎の場合や、乳児湿疹でも症状が重い場合は、リンデロンやロコイドなどのステロイド系の塗り薬が処方されます。

→ダウン症の新生児はミルクの飲み方が上手くない!


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ