ダウン症をエコーで見ると特徴は鼻に出るのか…

ダウン症の胎児をエコー検査で見た場合、特徴は鼻にも現れるようですね。

その鼻の特徴には、妊娠12週くらいが目安になるようですが、鼻の骨の形成が遅いという問題があります。

鼻の骨がしっかりと形成されてこない状態は、発育不全の可能性が浮上してきます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と発育不全

一般的なダウン症の特徴のひとつに「発育不全」という状態があります。

筋力が極力弱い為に、母乳やミルク等が上手に飲めない状態になると、もちろん成長が遅れてしまいます。

 

Mother feeding breast her baby

 

栄養がしっかりと摂取出来ない理由は、発育不全に加えて「臓器不全」も一緒になっている事も多いものです。

内臓が正常に機能しない為、成長も遅れてしまうという悪循環になってしまいます。

ダウン症がある場合は、臓器不全や心疾患等の合併症も疑われる場合もあります。

ダウン症の有無を疑う要素としては、エコー検査でも可能性が分かります。

後頭部(首)の浮腫も特徴のひとつですが、妊娠初期あたりまでは、ダウン症ではないけど、見られる事があるようです。

胎児が成長するにつれ、目立たなくなっていく場合は、ダウン症の可能性は低くなるようですね。

ダウン症をエコーで見ると特徴は鼻に出るだけではありませんね。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の特徴は耳にも現れる

エコーで確認できるダウン症の特徴は、例えば、にも出ます。

通常よりも耳が小さく、低い位置にある場合は、これも発育不全の領域に入ります。

従って、ダウン症の可能性は高くなると言えます。

エコー検査で、もしもダウン症の疑いが出た場合、医師に羊水検査や血液検査を勧められる場合もあります。

特に高齢出産の領域にある場合は、可能性も非常に多くなります。

染色体の異常ですから、誰が悪いわけではないのに、やはり自分を責めてしまいますね。

母親としての覚悟も必要になる検査となりそうです。

 

ダウン症をエコーで見ると特徴は鼻に出るのか…のまとめ

ダウン症の特徴は鼻だけに限らず、耳やミルクの飲み方といった様々なところにも出るのがよくわかりました!

またはっきりとした二重というのもダウン症の特徴的な所だと思います。

高齢出産で不安な方はやはり出生前診断をするのが良いのかな?と思いました!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ