ダウン症児をエコー検査で見ると足が短いのは本当か!?

ダウン症児をエコー検査で見ると

足が短いのは本当か!?

について調べてみました!

 

ダウン症の可能性が高い胎児を

エコー検査で見た場合、

経験が豊富な医師でしたら

足が短いという特徴が分かる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

足が短いとダウン症なのか?

しかし足が短いというだけでは、

ダウン症を確定する事は出来ません。

 

Tiny newborn baby's foot on female hands closeup

 

本来形成されている骨が

一部足りないという症状がある場合は、

先天性の奇形・ダウン症等の様々な

疾患である確率が高くなります。

 

「足が短い・手が短い」という特徴は、

一般的に広く知られている事実です。

エコー検査は妊婦検診において、

胎児の発育を見る為の検査のひとつです。

 

ダウン症を知りたい人においては、

新出生前診断羊水検査を受けるという方法があります。

 

ダウン症の有無だけが気になる妊婦さんは、

羊水検査を受ける割合が

多くなっているのも事実です。

 

高齢出産と言われる

35歳以上の妊婦さんに関しては、

若い世代よりも

ダウン症児の出産率が高いというデータもありますので、

不安な状態で過ごすよりも

ハッキリさせたいという希望が多いのが現状です。

 

スポンサーリンク

 

エコーでみる後頭部の浮腫

ダウン症児をエコー画像で見た場合、

後頭部の浮腫が大きいという特徴があります。

 

妊娠初期には、

大半の胎児に見られる症状のひとつですが、

成長するにつれ目立たなくなるのが

普通だと言われています。

 

足が短いかどうかという問題は、

妊娠初期では分からないのも事実ですから、

中期から後期にかけて、

発育が正常ではないケースが

発見される事も多いものです。

 

妊娠後期にダウン症の疑いが出てきた場合は、

人工中絶をする事が出来ません。

 

もちろん疾患があると判明した時点で、

疾患の可能性を理由に中絶する事は出来ません。

 

エコー画像で足が短いという状態でも、

ただ足が短いだけという可能性も

否定できないのが事実です。

 

あくまでも可能性であり、

確定される要素ではありません。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ