ダウン症はエコー検査で15週以前でも判明する

ダウン症の検査をするための方法は、色々と考案されているのですが、その多くは妊娠15週以降にならないと行えません。

たとえば、かつてはダウン症検査の主流であった羊水検査の場合は15週を超えたぐらいでやっと始めることができます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症を100%判明する検査方法は?

羊水内に存在している胎児の細胞を採取してそれから検査をする方法なのですが、リスクがあります。

 

妊婦

 

ほぼ100%の精度があるのですが、流産を恐れる方が多いため現在は別の方法を選択する方が多いです。

妊婦の血液を採取してそこからダウン症の可能性を判断する血清マーカーテストという方法があるのですが、こちらも妊娠後15週が経過してから行えます。

この方法では、血液中に存在している胎児由来のタンパク質やホルモンなどから検査をするため、精度はそれほど高くありません。

リスクがまったくない方法のため、多くの方が実行しています。

早い段階でダウン症児の生まれてくる確率を知りたいならば、エコー検査を受けましょう。

エコー検査では妊娠後9週から行うことが可能であり、リスクはありません。

ただし、エコー検査には確実性がなく、あくまでもダウン症児の可能性があるかどうかを判断するための一つの材料として利用できるだけです。

スポンサーリンク

エコー検査でもある程度はわかる?

ダウン症児についての可能性を調べるだけであれば、エコー検査は1万円以内で行えます。

他にも早めの検査が可能なものとして、絨毛検査があります。

この検査では妊娠してから11週から14週に行えるのが特徴となっています。

確実性が高いのですが、羊水検査と同じくらい危険性があることを理解しましょう。

新出生前診断という検査方法もあり、こちらでは妊娠後10週から検査を実施できます。

このようにダウン症児の検査方法には色々なものがあるため、それぞれの特徴を理解しましょう。

→妊娠10週目でダウン症はエコーでわかるのか?

妊娠中に少しでも心配を少なくするには?葉酸はサプリから摂るのがいいのはどうして?

ダウン症エコー検査は、ママにとって、不安なものです。

何か、自分に出来る事はないかと、どのママも、ダウン症エコー検査を受ける時、一生懸命になります。

妊娠9週目頃を含めた妊娠初期に、ママが出来る、赤ちゃんに良い事が、葉酸の摂取です。

妊娠9週目はもちろん、妊娠初期に、1日あたり400μgの葉酸を摂取する事を、厚生労働省は推奨しています。

葉酸の中でも、望ましいのが、モノグルタミン酸型の葉酸です。食品に含まれる葉酸の多くは、ポリグルタミン酸型葉酸です。

ポリグルタミン酸型葉酸は、小腸粘膜にある酵素によって、モノグルタミン酸型葉酸に分解されてから、小腸細胞内に吸収されます

最初から、モノグルタミン酸型葉酸になっているのが、葉酸サプリです。

→ダウン症はエコーで見たら横顔で判別できるのか?

葉酸の体内吸収率が高いベルタ葉酸サプリ!吸収率が高いのは×××だから

モノグルタミン酸型葉酸を使った葉酸サプリの中で、体内吸収率が高いと評判なのが、ベルタ葉酸サプリです。

吸収率が高いのは、葉酸を酵母に含有させているため。酵母に含有させる事で、葉酸を、体内に滞在させる時間が、長くなっています。

天然型酵母葉酸100%のベルタ葉酸サプリは、通常の合成葉酸よりも、体内吸収率が高いのが、特徴です。

ダウン症エコー検査を受けるとともに、飲み続けたいサプリです。

また、ベルタ葉酸サプリは、栄養機能食品です。

ビタミンやミネラルの1日あたりの過剰摂取量に、配慮がなされています。

放射能濃度検査、残留農薬試験も受けているので、妊娠9週目はもちろん、妊娠中、安心して飲めるサプリです。

→厚生労働省推奨400μgの葉酸サプリを見る


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ