ダウン症と先天性白内障の関係は!ダウン症と合併症について

ダウン症を持って産まれてくる赤ちゃんには、

様々な合併症が伴っている場合が

非常に多いと言えます。

 

そして、

先天性の白内障も合併症として

持っている事があります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と先天性白内障の関係性

一番多いダウン症の合併症のひとつに、

先天性心臓疾患があげられていますが、

ひとそれぞれです。

 

ダウン症と先天性白内障の関係は、

ハッキリとした原因は分かっていません。

 

ダウン症 先天性白内障

http://yk.sanyue.com/bnz/bnzjs/25521.htmlより引用

 

しかし実際に多いのも

目の疾患であると言われています。

 

新生児の時期には気がつきにくいのも事実です。

 

白内障という目の病気は、

本来加齢による衰えと言うような

イメージが定着していますが、

実際には若くして発病するケースが

増えているのも事実です。

 

若年性という言葉が冒頭につく場合があります。

 

ダウン症児の目の病気は、

発見しにくいのも事実です。

 

例えば成長過程において、

いつまで経っても目の焦点が合わない等の疑問が

出る事も考えられます。

 

特にダウン症児は、

自分の症状を親に伝える行為は、

とても難しく困難な状態にあります。

 

目が見えない・見えにくい等の症状を

自分から訴える事が出来ないのが現状です。

 

小学生くらいになり、

健常者であったとしても、

子供の目の疾患は気がつきにくいものです。

 

日常生活の中で、

保護者が注意する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と合併症の治療

ダウン症の合併症の先天性白内障は、

発覚後、

治療が可能であるケース

多いのが事実となります。

 

通常の白内障の手術等の方法で

改善される事もあります。

 

ダウン症事体の治療は

確立されていませんが、

その他の合併症の

治療は少しずつ進歩しています。

 

昔はただ死を迎えるだけの状態だった病気が、

現在では治療が可能になっています。

 

症状の状態によりますが、

一番適した方法を提案されるので、

治療してみる価値は

じゅうぶんにあると考えられます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ