ダウン症の合併症で循環器の症状について

ダウン症児として産まれてくる

赤ちゃんの中には、

先天性の疾患を持っている可能性もあります。

先天性の疾患のひとつに

「心臓病」が高い確率で

発症している場合も多く見られるようです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と合併症について

生まれつき心臓に

数個の穴があいているという症状には、

ダウン症である可能性が

高くなる事がありますが、

合併症が無い場合も多くあります。

 

ダウン症 合併症 循環器

http://irorio.jp/yuukashimoda/20130301/48613/より引用

ダウン症の合併症には、

色々な症状があげられますが、

循環器不全の場合も多くあるようです。

 

循環器不全では、

心臓や腎臓の本来の機能が

正常に働かない為、

胎児全身の発育が遅れる状態となり、

最悪の場合は死産の可能性も否定できないでしょう。

 

胎児の成長を調べる妊婦検診では、

エコー検査を行います。

 

エコー検査で、

胎児のダウン症の

可能性の特徴のひとつとして、

後頭部の浮腫があります。

 

妊娠初期の段階では見られる症状のようですが、

順調に成長していれば、

徐々に目立たなくなると言われています。

 

スポンサーリンク

 

循環器とダウン症について

循環器の疾患の多くは、

胎児のうちに可能性を

指摘される事が多いようですが、

産まれてみないと

分からない事の方が多いのが事実です。

 

事前に羊水検査を受け、

ダウン症の有無が判明している場合、

循環器の発育不全が疑われるようです。

 

心疾患に関しては、

意外と早い段階で判別可能になっているとも

言われていますね。

 

近年は医療が日々進歩している状態です。

特に心疾患や脳疾患等の

重要な部位に疾患が見つかったとしても、

手術して治療する事が出来るようになって来ています。

 

ダウン症の合併症を持って産まれた場合でも、

循環器の治療は可能になってきています。

 

専門の病院も、少しずつ多くなってきました。

 

高度医療では、

まだダウン症事態の治療は

確率されていませんが、

様々な取り組みが行われているのも事実です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ