ダウン症の合併症について消化器疾患!

ダウン症の合併症で、

二番目に多い先天性の疾患は

「消化器疾患」だと言われています。

 

ダウン症を持って産まれてくる場合の

消化器疾患は、

大半が先天性で

産まれてくるという現状があります。

 

心臓疾患と併用している状態もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と消化器疾患

消化器疾患とは、

消化・吸収に関わる

胃や腸等の部位になります。

 

ダウン症 合併症 消化器

http://blogs.yahoo.co.jp/evidence3198/14166617.htmlより引用

 

消化・吸収に関わる内臓に

先天性の消化器疾患がある場合は、

早い段階での手術が

大切であると言われています。

 

内臓の中でも、

非常に重要な役割を果たす

臓器が正常に働かない事で、

命を失う危険が出てくるからです。

 

ダウン症は症状によって

大きな違いが出ますが、

重度の人の場合、

複数の先天性疾患を

伴って産まれる場合が多いようです。

 

ダウン症は染色体の異常で、

遺伝はしないと言われていますが、

内臓の疾患については、

遺伝の可能性も否定できないのが事実です。

 

スポンサーリンク

 

先天性疾患の対処法について

合併症には、

その病気と症状に合わせた

治療が必要になります。

 

特に新生児の段階で

先天性疾患を持って生まれてきた場合は、

対処方法も大人のようには

いかないのも事実です。

 

まずは薬の投与が出来ないという状態があります。

 

新生児は、

産まれて

5日頃に黄疸の症状が

見られる事があります。

 

実際に私も自身の子供で経験しましたが、

自然と改善されてくるようであれば、

腎臓等の内臓の疾患ではないと言われています。

 

生後数日を経過しないと

分からない疾患というのも沢山あります。

 

ダウン症の有無に関しても、

生後数日から

何ヶ月か経ってから

気が付く場合もあるようです。

 

症状が軽い場合ですと、

合併症もない事があり、

気がつかないという事例がありました。

 

少しおかしいかな?と疑いを持つようであれば、

早めに医師に相談する事をおすすめします。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ