ダウン症の合併症!目の病身と原因

ダウン症の合併症が目に

現れるケースも考えられます。

 

しかし目の異常は、

気がつくのに

とても困難であると思われています。

 

新生児の場合ですと、

自分で目の異常のサインを出す事が出来ないのも

原因のひとつとしてあげる事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と合併症について

ダウン症の合併症として

考えられる病気は、

斜視・屈折異常・眼振・

先天性白内障という病名が多いみたいです。

 

ダウン症 合併症 目

http://www.newton-doctor.com/information/sikkan.php?hospital_code=00001531&number=20&ka_code=s29&auth_id=ppgS260より引用

 

斜視の見分け方としては、

目の焦点が合っていないのが特徴ですが、

新生児や乳児での

早期発見は難しいのが現状です。

 

屈折異常は、

遠くのものがぼんやりと見える状態の事を言います。

これも新生児や乳幼児には、

早期発見は難しいようです。

 

そして近視・乱視という症状は、

ダウン症の場合によくあるとされている合併症です。

 

大人になれば自分で気がつく事が出来ますが、

子供の場合は保護者が注意してあげる事が大切ですね。

 

ダウン症を持って産まれてくる場合の

合併症の確率は、

とても高いのが事実になります。

 

先天性疾患と言われる、

生れながらにして持っている

疾患が多い事も分かります。

 

原因として、

疾患には遺伝という可能性も含まれるようですが、

全てが遺伝するわけではないので、

ダウン症による発育異常と言われる事もあるようです。

 

発育がゆっくりしているのが

ダウン症の特徴のひとつでもあります。

 

スポンサーリンク

 

心配になったら専門医の受診をうけよう!

産まれた赤ちゃんをお世話していて、

目が開く頃から、

ちゃんと見えているのかな?とか、

耳はちゃんと聞こえているのかな?

と不安になった経験があります。

 

自分には医学の知識はありませんので、

やはりインターネット等で検索し、

原因を調べ、

自分なりに納得してしまう

可能性も出てきます。

 

都合よく理解して安心するのではなく、

専門医の受診をして、

きちんと対応する事が大切ですね。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ