ダウン症の子が重度の合併症になる確率と原因について

ダウン症候群という病気で産まれてくる子供の多くは、重度の合併症を持っている確率は非常に高い場合が多くあります。

ダウン症の原因は染色体の異常であって、遺伝や先天性の疾患ではありません。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と先天性疾患について

合併症として先天性疾患を発症している確率も高くなります。

あくまでも確率が高くなるという事であり、必ず重度の合併症があるという事ではありません。

 

ダウン症 合併症 確率

http://get60.lolipop.jp/daunsyo/より引用

 

また、ダウン症=知的障害というイメージも、世間では多くあるのではないでしょうか。

ダウン症で知的障害が合併症としてあるのは、確率的には低いと考えられています。

現在は、高齢出産=ダウン症というイメージが定着してしまっているのも事実です。

実際に高齢出産になると、ダウン症を持って産まれてくる確率は高くなりますが、高齢出産が原因ではない事も理解しておきましょう。

若くして出産した場合でも、ダウン症で合併症があるケースも考えられます。

ダウン症の重度の合併症の多くは、先天性心臓疾患が一番高い確率になると言われています。

生まれつき心臓に穴があいていたりする場合が多く見られるようです。

 

スポンサーリンク

 

軽度ダウン症と重度の合併症

逆に、ダウン症の症状が軽くても、重度の合併症がある場合もあるようですね。

先天性の疾患の方が重度である場合の事です。

出生前診断では、ダウン症の有無を知る事が出来る為、命の選別とも言われるほど賛否両論の意見があります。

そして、ダウン症以外にも疾患の可能性が発見される事も多くなりました。

羊水検査によって事前にダウン症の有無だけは、確実に知る事が出来ますが、その他の疾患が見つかるのは、確率としては低くなるようです。

重度の合併症の場合は精密検査にて、数値が高くなる等の結果が出る為知る事も出来るようですが、確定する事は難しいのが事実です。

 

ダウン症の子が重度の合併症になる確率と原因についてのまとめ

ダウン症の合併症として心臓の他にも、目の斜目や白内障というのも多いです。軽度のダウン症の場合は、こういった合併症も確立的には少ないのですが、重度となると命に関わる心臓等の合併症になる可能性も高いです!

これは医療の発展が、これからの鍵になっていくと思われます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ