ダウン症の合併症で骨の病はあるのか!?

ダウン症の合併症には、

個人差が非常に大きいのが事実です。

 

ダウン症の特徴のひとつに、

成長の遅れという項目が上げられていますが、

成長が遅れる原因は

発育不全にあると言われています。

 

スポンサーリンク

 

環軸椎不安定性

内臓の成長が著しく遅い場合は、

食事をする事すら

困難になってしまうケースもありますね。

 

筋力の成長が著しく遅い場合は、

歩く事も出来なくなるケースも多くなります。

 

ダウン症 合併症 骨

http://blog.canpan.info/jdsokayama/archive/362より引用

 

ダウン症の合併症には、

先天性の疾患が多くなります。

 

産まれつきの病気がある人が多いものでもあります。

 

そして、

世間的にはあまり知られていないと思いますが、

ダウン症の合併症のひとつには

骨の病気も上げられています。

 

骨の病気にはもちろん個人差が大きいのも事実です。

 

ダウン症の合併症として知られている

骨の病気のひとつには、

環軸椎(かんじくつい)不安定性

という病気があります。

 

とても難しい名前の病気のイメージが湧いてきますね。

 

環軸椎不安定性とは、

首の骨になりますが、

7個の骨から形成されている頸椎(けいつい)の、

一番目の骨、

環椎(かんつい)が二番目の骨、

軸椎(じくつい)に対して前の方へずれている

不安定な状態の事を言うみたいです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の筋力について

ダウン症の特徴のひとつに

筋力の弱さを上げていますが、

首も筋力で支えられている部位になります。

 

その為、

ダウン症の場合は

環軸椎不安定性を合併症として持っている場合、

首を支える事が困難になるようです。

 

重度の症状になると、

寝たきりの生活になってしまう

可能性も高くあるようです。

 

ズレの程度によって症状は違いますが、

首や背骨は非常に重要な部位です。

 

脊椎に異常がある場合は、

神経にまで

影響が出てしまう事もあるようです。

 

実際にダウン症と

骨の合併症の病気を発症する確率としては、

低くなっているようです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ