ダウン症の染色体について図で説明すると!

インターネット上でも、ダウン症に関する様々な情報が発信されています。

生まれつきの疾患として近年、増加傾向にある「ダウン症」の場合、染色体の異常が原因のひとつである事も判明していますね。

 

スポンサーリンク

 

46本の染色体とダウン症の関係

通常46本のはずの染色体の中で、21番目の染色体が3本ある状態がダウン症であると判断されるのです。

そして、ダウン症の疾患が見られる時は、他の疾患も疑われる事があります。

ダウン症は、胎児の発育に大きく関わってきます。

 

染色体 ダウン症

http://xn--z8j9ixczj0673aywvb.com/より引用

 

同じ週数の胎児と比較した場合、動きが悪いのも特徴のひとつとしてあげられます。

理由は、筋力が弱いからだと言われています。

染色体は本来、2本ひと組で正常な状態となります。

ダウン症患者の染色体を図で表現した場合、三体の染色体がハッキリと見えます。

2本の正常な染色体とは違い、短い染色体が3本見えるのも特徴です。

図で表すとわかりやすいですが、詳しい検査をした場合しか分からないのも事実です。

出生前診断と言われる検査をする事で、正常な染色体の持ち主か否かが確定します。

羊水検査を受けます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と出生前診断について

出生前診断では、胎児の異常がいち早く、非常に高い確率で発見されます。

検査を受ける事で、気持ちが決まる!心構えが出来る!というメリットがある半面、疾患があると分かると、人工中絶を希望するご夫婦も多くなっているのが現実です。

染色体の異常が図になって説明されている事で、分かりやすく解釈する事が可能となり、出生前診断には様々な意見があるのも事実です。

少子高齢化という日本の社会では、子育て支援はまだまだ不十分な国でもあります。

障害を持っている子供や大人、全てに対して、生きやすい生活環境が充実していく事を今後の大きな課題としています。

▶︎赤ちゃんのダウン症の特徴を分かりやすく説明します!

 

ダウン症の染色体について図で説明すると!のまとめ

ダウン症の原因をみると病気ではなく、染色体が原因で起こるというのがよくわかります。

現段階では、出生前診断でダウン症かどうかというのを判断するという事しかできません。

つまり治療やダウン症を防ぐというのは、今の時点では不可能だという事がわかります。

こういった事から、一人一人がダウン症とどう向き合うのか?という事も大きな役割になっていくのではないだろうか?と感じます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ