ダウン症の染色体の治療は可能なのか?

ダウン症の染色体の治療は可能なのか?という答えは…

基本的に治療は出来ない、という結論になります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は染色体が元々多い!

ダウン症は染色体が通常より1本多い事で、身体の機能が正常に働かない症状です。

従って、今現在の医療の現場では、ダウン症の染色体自体を治療する方法がありません。

しかし、ダウン症による様々な症状を和らげたり、合併症を今以上悪くさせない為の治療が行われます。

乳幼児に関しては、まだまだ体力が無い状態ですから、非常に難しいと考えられます。

 

asian baby and mother relaxing

 

人間の細胞は、何兆という数が存在します。

世界中にダウン症の疾患を持つ人が生活していますが、確立された治療方法が無い状態で、マウス実験の段階にあるという事も言われています。

21番目の染色体が何故異常を発症するのか?

という事に関しても、突然変異という状態にとどまっているようです。

両親が健常であっても、突然ダウン症の疾患を持つ胎児が出てしまうのです。

特に日本は晩婚化という、少子化時代にとっては悪循環を辿っています。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産はダウン症の出生率が高くなる!

女性が高齢出産になれば、一番ダウン症の赤ちゃんができる可能性も高くなるというデータがあります。

若くして出産をする女性と比較した場合、確率的にも高いという事です。

高齢出産をする方の多くは、出生前診断を受ける傾向が強くなりました。

病院で勧められるケースもあるようです。

産まれる前に、障害の有無を知っておく事が、妊娠中を穏やかに過ごせるという考え方の半面、障害があるならば産まない、という選択肢もあります。

夫婦で下す決断ですから、仕方のない事なのかもしれません。

もし、近い将来ダウン症の染色体治療が確立されたら、多くのダウン症患者やご家族を助ける事が可能になりますね。

そんな期待を込めて、医療の現場は日々進歩しています。

 

ダウン症の染色体の治療は可能なのか?のまとめ

現段階では合併症等のダウン症の人に起こりやすい、病気や症状を抑える治療しかないようです。

昔に比べ医学もだいぶ進展を遂げています。

これから先医学の進歩に伴い、ダウン症の原因である染色体の治療も可能になる事を願うばかりです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ