ダウン症の羊水検査費用はいくら?

出生前診断を受ける夫婦の割合が多くなっている現在は、授かった命に病気があると告げられた時点で、中絶を希望するケースも多くなってきました。

そして、ダウン症の羊水検査費用は、約10万円となっています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症羊水検査費用の値段

高い金額だと思うか、安い金額だと思うかは、本人しか分からないものです。

しかし、10万円前後の羊水検査でしたら、希望して出来ない金額ではない事から、需要が増えている理由のひとつではないでしょうか。

 

羊水検査

http://mamari.jp/1140より引用

 

妊娠中は、様々なマイナス思考が過ぎるものです。

もしお腹の子がダウン症や、合併症等の病気を持って生まれてきたら、どうしよう…という不安も大きくなりますね。

「マタニティブルー」という言葉がありますが、赤ちゃんを授かって幸せと喜びの半面、取り越し苦労とも言える不安が大きくなるのが現実です。

安定期に入ると妊婦検診も月に1回程の割合になってきます。

その間、胎動が弱くあまり感じられない時等は、とても不安になるものです。

お腹の赤ちゃん、大丈夫?と。

 

スポンサーリンク

 

エコーに異常があるとダウン症の確率が!

産婦人科での通常の妊婦健診でエコーに異常が無い限り、医師からは羊水検査を勧められる事はないと思います。

エコーで異常があり、高齢出産の領域にある妊婦さんにとっては、ダウン症の可能性は怖くてたまらない妊娠期間になります。

現実を受け止める為にも、検査を受ける方が良いかと思います。

また、そんな不安な妊婦生活を続けるくらいなら、出生前診断で羊水検査を受ける!という結論に達する場合が多くあるようです。

この場合10万円程の検査費用は、安く感じられるという意見が多くありました。

ダウン症の羊水検査費用は保険が適応されていませんので、実費になってしまいますが、希望する人も多くなっているのが現状だと言えます。

 

▶︎ダウン症の検査は羊水検査が効果的!?羊水検査問題について!
 

ダウン症の羊水検査費用はいくら?のまとめ

10万円前後で検査が可能という事ですが、身体への影響が大きいのでダウン症の検査をされる際は、よく考えてから検査を選ぶことをオススメします。

ちなみに私は羊水検査はしませんでした。エコー検査などでダウン症の可能性があるかも?とわかった場合、羊水検査をするのが一般的に多い流れのようです。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ