ダウン症の羊水検査の適正時期は?

ダウン症の有無を知る為の、羊水検査の適正時期としては、15週から20週までの間に行うのが一般的な時期となります。

出生前診断という言葉が、近年は多く言われるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症羊水検査の危険性!

もしダウン症であるという結果で、中絶を希望する場合、日本の法律では22週目までと定められています。

15週から20週という時期が適正な理由として、あまりにも子宮が小さいうちに検査すると、違う臓器を傷付けてしまう可能性が高くなります。

 

陣痛

 

羊水検査は、妊婦さんのお腹に直接針を入れて羊水を取り出す検査ですので、流産というリスクも視野に入れての検査になります。

羊水検査で確実にダウン症が有るか無いかという事実を知る為に、希望する妊婦さんが多くなっているのも事実です。

特に結婚時期が晩婚化している現在は、高齢出産をする場合が多くなったのも原因のひとつだという事です。

 

スポンサーリンク

 

35歳以上になるとダウン症の確率が上がるため羊水検査が勧められる!

20代の若い妊婦さんでしたら、医師からダウン症の検査を勧められる事は、ほぼありません。

超音波で異常があった場合は、検査する事になりますが。

やはり35歳を過ぎると、妊娠しづらくなる現実と妊娠に至ったとしても、流産や病気を持って産まれてくる確率が高くなると言われています。

あくまでも全ての高齢出産が、ダウン症等の病気に繋がっているわけではありません。

元気な赤ちゃんを出産されている人も沢山います。

ダウン症の羊水検査の適正時期に検査を受けた場合、結果は2週間程で分かるようになっています。

また、血液検査の場合は、1週間程度で分かるのですが、確実な結果は期待できないという事も言われています。

ダウン症の可能性がある、という状態にとどまるようです。

出生前診断を希望する人が多くなっている一方で、障害があると判断された場合、悲しい現実ですが中絶を希望するケースも増えてきています。
 

ダウン症の羊水検査の適正時期は?のまとめ

35歳での出産は本当に最近多くなりました!またダウン症の可能性があると判断された場合、羊水検査を希望される人も多くなってきました!

中絶という判断もやはりダウン症=育てる事が出来ないという気持ちが大きく関係しているようです。

ダウン症に関しては染色体の異常が原因といわれているのですが、予防というのは現在の医学では出来ないので、出生前診断で判断するしかないというが今の現状んのようです。

医療の進歩とともに予防も可能になる事を願っています。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ