ダウン症検査の精度や確率について!28歳以降の出産は要注意!?

妊娠した後に

お腹の中の子供が

ダウン症であるのかを確かめるための

検査があります。

 

検査には色々な種類があり、

羊水検査や血清マーカー検査、

繊毛検査、

超音波検査、

新型出生前診断といったものがあります。

 

スポンサーリンク

高齢出産における注意!

 

近年は高齢出産における

ダウン症の危険性が認識されてきたために、

ダウン症検査を受ける人が増えています。

 

ダウン症の子供を育てることは

とても大きな負担となるために、

生まれる前にダウン症かどうかが分かるのは

とても良いことです。

 

笑顔の女医

 

羊水検査は検査精度が

ほぼ100%なのですが、

流産をするリスクが

あるため気をつけましょう。

 

流産をする可能性の方が

ダウン症になる可能性よりも高いため、

あまり推奨できない方法です。

 

検査リスクは

300分の1の確率で流産をしてしまうのですが、

35歳の女性のダウン症出生率は

378分の1となっています。

よく考えてから羊水検査を受けましょう。

 

血清マーカー検査は

妊婦の血液を採取して、

そこからダウン症の

可能性を調べるためリスクはないです。

 

精度は8割以上とかなり高いため、

一般的な方法となっています。

 

繊毛検査はお腹に針を刺して、

繊毛を採取してこれを検査します。

 

羊水検査と同様、

100%に近い精度があるのですが、

リスクがあります。

 

超音波検査とはエコーを当てて

胎児の様子を観察する方法です。

 

リスクはありませんが、

確定診断は不可能です。

 

35歳以上の方に関しては、

新型出生前診断があります。

これは検査精度が

非常に高くリスクがありません。

 

スポンサーリンク

 

35歳を過ぎたらリスクが高まる!?

 

ダウン症のリスクが

高まるのは28歳以降です。

 

35歳ぐらいまでならば、

特に問題はないのですが、

それ以降となるとかなり

ダウン症の確率が高くなってしまうため

気をつけてください。

 

きちんとダウン症の検査を受けることも必要でしょう。

ダウン症に関して正しい理解をしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ