ダウン症で羊水検査をした際、流産する原因は何か?

スポンサーリンク

近年、増加しているダウン症。妊娠中に行われるエコー検査で、胎児の形態異常が認められると、しばしば、医師から羊水検査を勧められます。

お腹の中の赤ちゃんに形態異常が認められたことに加え、ダウン症の可能性が示唆されたことに動転し、羊水検査を受けるべきかどうか、ママは悩みます。

悩みを深刻なものにするのが、羊水検査は流産の危険性があると言われること。

羊水検査をした際、流産する原因は、何でしょうか?

down

もともと胎児に染色体異常があるから

羊水検査は、胎児に染色体異常による病気が疑われた時、行われる検査です。

羊水検査を受けた後に、流産をした人は、300人に1人程度とされています。

流産したのは、羊水検査を受けてから数日後から数週間後。

羊水検査は、羊水を20㎖ほど抜くために針を刺します。

針を刺したところから、羊水が漏れ出すこともあります。

ただし、羊水漏出は、検査後24時間以内に見られる症状です。

そのため、産婦人科では、羊水検査の後、24時間は安静にしているように注意をします。

念のため、1泊入院して検査を行う病院もあります。

羊水検査の後、24時間安静にしていれば、問題はないとされています。

羊水検査後のケアが十分になされている場合、検査を受けたことが原因で流産することは、まずないとされています。

流産の原因は、そもそも胎児に染色体異常があったためと考えられています。

スポンサーリンク

▶︎妊娠の際の羊水検査は医療費控除になるのか?

妊婦自身がリスクを有するケースがあることに注意

羊水検査では、お腹から超音波を当て、子宮の壁・胎児・胎盤の位置等を確認して、細い針を刺し、羊水を抜き取ります。

この時、胎盤に針を刺します。

そのことにショックを受ける妊婦は、少なくありません。

しかし、胎盤に針を刺しても、そのことが悪影響を及ぼすことはないと言われています。

胎盤に針を刺さざるをえないのは、子宮の周辺に重要な臓器があるためです。

子宮の前には膀胱、後ろには直腸、子宮の頭側には小腸が存在します。

それらの臓器を刺してしまうと、最悪の場合、開腹手術が必要になります。

そのため、なるべく中心部からアプローチするのが、安全性を高めることになります。

膀胱や小腸が子宮の前壁につり上がったり癒着したりしていると、穿刺は格段に難易度が高くなります。

帝王切開術を受けていたり、子宮筋腫や卵巣嚢腫の手術を受けていたりした場合です。

子宮筋腫を患っていると、子宮中心部に針が刺せないため、難易度は高くなります。

また、腹腔内に炎症を起こしやすい病気に罹っていると、検査後、感染や炎症を起こしやすくなります。

子宮内膜症、子宮腺筋症、クラジミア感染症などは、羊水検査のリスクを高めます。

▶︎ダウン症の羊水検査で陰性でもダウン症児が産まれる可能性はあるのか?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ