ダウン症の書道家金澤翔子さんNHKドラマお母さま、しあわせ?の口コミ・感想は?

金澤翔子さんは

ダウン症児として書道家として

活躍している方です。

 

小さな体からとても力強くて

ダイナミックな字を書くのが特徴であり、

多くの方を魅了しています。

 

スポンサーリンク

 

お母さま、しあわせ?の感想・口コミ

金澤翔子さんに注目したNHKのドラマ、

お母さま、しあわせ?

についての感想や口コミを紹介しましょう。

 

金澤翔子 お母さましあわせ

http://www.jdss.or.jp/info/より引用

 

母親役は大塚寧々さんが演じたのですが、

ダウン症児の母親として

リアルな雰囲気を演出しているのが

好評となっています。

 

ダウン症児が生まれたことにより、

気持ちが暗くなってしまう部分を

リアルに描いています。

 

もちろん、

ずっと暗い気持ちになっているわけではなく、

ダウン症児であっても、

幸せな人生を送れる、

ダウン症児としての生き方があるという

希望を持てるという

母親の気持ちを表現しています。

 

こちらのドラマでは子役を

実際のダウン症児に演じさせています。

 

そのため、

とてもリアリティがあり、

ダウン症児を扱った

他の陳腐な内容のドラマとはかけ離れています。

 

子供がダウン症児である場合に

家庭がどのような状況になってしまうのかを

リアルに描いており、

色々なことを考えさせてくれると評判です。

 

スポンサーリンク

 

リアルな演出が好評化に!

重いテーマであり、

どのように扱えばいいのか難しいのですが、

こちらの作品では、

変に希望を与えるのではなくて、

ひたすらリアルさを求めている点が

評価を受けています。

 

ダウン症児が家族の中にいる人だけではなくて、

普通の家庭の方や

まだ子供のいない方まで、

多くの方が感銘を受けています。

 

ダウン症児の家族についての

情報はなかなか得られないものです。

興味はあるけど、

ダウン症児を扱うドラマは脚色や

メッセージ色が強く不満を持っている方が多いです。

 

そのような中で、

お母さま、しあわせ?は

実際のダウン症児の家族を扱っているため、

真実の姿を見ることができて、

ダウン症児についてきちんとした理解を

得られると感動した方がたくさんいます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ