松たか子が高齢出産でダウン症児の心配は?

女優の松たか子さんは

37歳という年齢で

妊娠をしたことを報告しました。

 

一般的には35歳を超えると

高齢出産と呼ばれるようになります。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産ダウン症の心配は?

 

高齢出産が危険であるとされる理由は

生まれた子供がダウン症になる

可能性が高くなるからです。

 

女性は生まれた時に

体の中に既に卵子ができているのですが、

これは新しく作られることはありません。

 

したがって、

卵子はずっと女性の体の中にあることになり、

それが35歳を超えると

異常が生じるようになるのです。

 

松たか子 ダウン症

http://bankuuun.blog.so-net.ne.jp/2014-05-22より引用

 

卵子の細胞は

どんどん劣化していくため、

早めに妊娠をするのが

良いとされているのです。

 

元々、

人間は10代で妊娠をするように

体ができているため、

35歳はとても高齢なのです。

 

医学が発達したことによって、

35歳どころか70歳や80歳まで

人間は生きられるようになりました。

 

しかし、

卵子に関しては

医学が進歩したけれども、

高齢出産のリスクは

変わらずに存在しています。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産になると様々なリスクが現れる?

松たか子さんの場合は

37歳という年齢での

高齢出産となるため

ダウン症の危険性はあります。

 

しかし、

高齢出産をしたからといって

必ずしも子供が

ダウン症になるとは限りません。

 

きちんと検査をすることによって、

子供がダウン症であるか

どうかは確かめられます。

 

また、

健康的な生活習慣を

送っている人であれば、

ダウン症のリスクは低くなります。

 

 

高齢出産に関しては

ダウン症のことばかり

注目されているのですが、

そもそも妊娠できない人も多く、

たとえ妊娠したとしても

流産のリスクが高くなっています。

 

できるだけリスクを小さくするための

習慣を心がけるようにしましょう。

 

また、

できるだけ早く結婚をして、

子供を出産することが

本来は望ましいです。

 

若いころに子供を産んでおいた方が

色々な点においてメリットが大きいです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ