松野明美がダウン症についてのテレビでの発言は!?

元マラソンランナーで

タレントの松野明美さんが、

テレビでダウン症について

発言されているようです。

どのような経緯でされたのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

松野明美が健太郎くんのダウン症を告白しようと決めた時

松野明美さんがテレビ番組で

ダウン症について

最初に発言されたのは、

2008年10月15日に放送された、

『地獄を見た芸能人のリアルドキュメント“復活の日”初回SP』(TBS系)での出来事。

 

「実は私の4歳の子供がダウン症なんです」と、

次男である健太郎くんが

ダウン症であることを

告白したことによるもののようです。

 

松野明美 ダウン症

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032501000767.htmlより引用

 

同テレビ番組では、

我が子がダウン症であることを知った

経緯や現在の様子などを語られました。

 

ダウン症の子どもは、

心臓疾患を抱えて生まれてくることが

多いようですが、

健太郎くんはその中でも

稀な重い心臓病だったそうです。

 

生まれてきた当初は

「心臓病のことが気がかりで、

ダウン症が何かなんて考える

余裕がありませんでした」という。

 

スポンサーリンク

 

松野明美自分の為にダウン症を隠していた!?

一方、

番組内では、

テレビで告白することについての

葛藤も明らかにされました。

 

一般人と異なり、

芸能人という世間の目に晒される

立場の母ならではの

悩みもあったようですね。

 

世間がイメージする

明るく健康的な

松野明美でいなければならない、

そう思えば思うほど、

我が子がダウン症であることを

知られてはならないと思うようになったそうです。

 

しかし、

健太郎くんが

ダウン症であることを隠すのは、

健太郎くんのためではなく、

自分の体裁のためだったと

気付かされるようになったとき、

「人がどう思うか、

じゃなく自分がどう思うか。

悩む必要はない」と、

同テレビ番組で健太郎くんとの

暮らしぶりを紹介することを

決めたのだそう。

 

そこには、

障がい者に対する差別や偏見をなくし、

我が子にとって暮らしやすい

世の中に少しでも

変えたいという想いがあったようです。

 

同テレビ番組内では、

最後に松野明美さんが、

「私達が先に逝ってしまった後、

一人の足で立てるように育って欲しい」

と口にされましたが、

そのための道を作ろうとする

母の強い姿が印象的でした。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ