ダウン症ブログのぱおこさんを見て感じた事!

第一子がダウン症という

ぱおこさんのブログを見てみました。

ダウン症と言えば、

私が小学生の頃には(もうかなり昔のことになりますが・・)

特別学級というのがあって、

そこで勉強したり運動したりして

学校生活を過ごしているようでした。

 

小柄な子が多いなぁと思ってはいたのですが、

この、ぱおこさんのところも体重が低体重、

ということなので、

ダウン症の特徴なのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子ども授かった家族は!

ダウン症の子供が生まれてしまった

母親や父親は、

その子の将来を

悲観したりされることと思いますが、

ぱおこさんのブログを読む限りでは

すごく明るくとらえていらっしゃるので、

感心してしまいました。

 

障害を持って生まれたとしても、

そんなことは全然関係ないではないか

という思いが強く感じられました。

 

ダウン症_16444086

確かに、人とちょっと違うだけで、

それもまた個性的、

という考え方もあるのではないかと思います。

 

ダウン症というのは、

外見に特徴が見られますので、

どうしても子供のころは

特異な目で見られてしまいがちかもしれませんが、

気にすることは全くないと思っています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症だけど普通の子と同じに育てる!

ぱおこさんのように、

普通の子供と同じように

子育てしてゆけば良いのだと思います。

私の小学校時代のダウン症生徒を

最近近所で見かけることがありました。

 

外見もずいぶん変わっており、

年月が経過したことを思い知らされました。

 

でも、

元気で過ごしているようだったので、

内心ホッとしました。

 

ダウン症の子に言いたいのは、

ご両親だけでなく、

近所のおばさん、

おじさんもあなたのことを

温かく見守っていますよ

ということです。

 

ですから、

力強く歩んで行ってほしいのです。

ぱおこさんも、

息子さんも、

明るく前向きに元気良く

生きて行ってほしいものです。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ