ダウン症ブログみさとは?

ダウン症のお子さんを持つ

「みさ」さんのブログに、

アクセスが集中していた

時期があったようです。

(今ネット上で検索するとこの「みさ」さんのブログらしきものがあります。)

 

ダウン症に限りませんが、

アクセスが集中するブログには、

ネガティブな反応も返ってくることがあります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症ブログみさとは?

 

「みさ」さんのブログに関しても、

“ダウン症が生まれたという心の苦痛から、

彼女が自分をマインドコントロールしている”と、

いうような批判が書かれています。

 

手をつなぐ親子

またダウン症の当事者の親が、

子供を普通学級に

入れてくれるように働きかけたり、

子供の自立に向けて行動するのを

たしなめるような批難も書かれています。

 

“ダウン症のお子さんを授かること”自体は、

母親によっては心の苦痛でしょう。

どうして自分だけがこういう目に…

という被害めいた

気持ちに陥る人もあるかもしれません。

 

他の障害と異なり、

ダウン症の場合は「高齢出産」とか、

出生前診断」といった

キーワードがひとり歩きしている感があり、

ますます

「そういう赤ちゃんが生まれたのは母親の自己責任だ」

という不当な偏見が

助長されてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症からの現実逃避!?

現実が苦しくて

苦しくて仕方がない時期には、

人間なら誰でも

現実逃避的な心理になるでしょう。

マインドコントロールというものが、

どういうものなのか

私にはよく分かりませんが、

仮に「みさ」さんが

自分を叱咤激励するために、

いろんな自己暗示をかけていたとしても、

それは障害児の母親であれば

普通じゃないかなという気もします。

 

それに障害児を「隔離」して、

教育(療育)する教育法は、

必ずしも

健常な子供のためには

なりません。

 

北欧などは

障害児一人あたり

日本の10倍以上の予算を取って、

普通教育を試みていると

読んだこともあります。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ