ダウン症ブログ!ハヤちゃんのブログを読んだ感想!

ダウン症児の母親でいらっしゃる

「ハヤ」さんのブログに

「神様の不良品」

というタイトルを見つけました。

 

「ハヤ」さんご自身の説明によれば、

“このブログに立ち寄る全ての人々が

「神様の不良品」という言い方に

違和感を覚えなくなるときに、

タイトルを変える”ということで、

確信的に選んだ言葉であるようです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症ブログ「神様の不良品」について!

人はみな「神様の不良品」である

という言い方もできます。

と言いますか、

健常者に産まれても、

犯罪者になったり、

自分の才能や環境を

生かせないまま死んでいく人だってず

っと多いのです。

 

ダウン症

http://ameblo.jp/haaya21/より引用

それに比較すれば、

ダウン症という超弩級の不幸を背負いながらも、

小さな体で必死に生きる、

いたいけな赤ちゃんのほうが、

「生きている」とも言えるのではないでしょうか。

と言うより、

「不良品」「不要品」という見方は

あくまで人間が人間に下した「評価」であって、

神の目から見れば、

どの子も全く同じ尊い命かもしれません。

 

神の目から見て本当に「不良品」であるなら、

この宇宙から瞬く間に

消えてしまっていると思うのです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症のハヤちゃんについて

ハヤママさんのブログには、

ダウン症の「ハヤ」ちゃんの写真が

たくさん掲載されています。

 

ダウン症の赤ちゃんの笑顔は

「天使の笑顔」と言われています。

 

顔の筋肉の発達が

健常児と異なっているところがあって、

それでダウン症の赤ちゃん

笑っているのではなくても、

無防備な極上の笑顔を

周囲に振りまいているように見えるのです。

 

本人が作ろうと思って

作っている笑顔ではなく、

成長しても警戒心が全くない、

輝くような笑顔を振りまいてくれるのだそうです。

 

ダウン症のお子さんが

「天使」と呼ばれているのは、

顔の筋肉が弱いがゆえの「笑顔」と、

知的障害がベースにある

「警戒心の無さ」も一因しています。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ