Love IS ALL ダウン症ブログについての感想!

重度ダウン症ブログ!

ダウン症の息子を持つと!

子育てをするのはとても大変。

それは障害の有無を問わずに言えることです。

 

ですが、障害によって大変な部分が生じてしまうのも事実。

 

それぞれに困難な状況があるからこそ、

我が子を育てる時の壁に

直面した時の苦悩は強いのです。

 

スポンサーリンク

 

子供が重度のダウン症だったら!

自分の子供が

重度のダウン症だったらと考えると、

きっと壮絶な毎日を送るのではないかという

漠然とした不安があります。

 

Love IS ALL ダウン症

http://ameblo.jp/16-love-29/より引用

 

最近は出生前診断によって、

ダウン症かもしれないという疑いを

持つことができるようになっているからこそ、

自分の子供の状況を鑑みて、

堕胎してしまうこともあるのです。

 

しかし、

障害の有無を事前に知ったところで、

できることといえば心の準備です。

 

とはいっても

ダウン症の疑いがあるかもしれないと

聞いてしまうと、

どうしても不安ばかりが

大きくなってしまうのです。

 

だからこそ、
出生前診断に対しても

賛否両論があるのでしょう。

 

確かに、

重度のダウン症かも

知れないという疑いがあっても、

実際に出産すると

健常であったという例はたくさんあります。

 

芸能人の子供でも、

このようなことが怒っているのです。

 

ですから、

ダウン症だからと決めつけるのではなく、

せっかく授かった子供をどのように、

育てていくかを

期待することができるようになると、

もっと幸せな人生が送れるのではないかという

気持ちが沸いてきます。

 

スポンサーリンク

 

Love IS ALLダウン症

インターネット上にも、

ダウン症の子供を授かった保護者が書いたブログ

たくさん存在します。

 

「Love IS ALL」というブログも、

ダウン症の子供を授かった保護者が

何気ない毎日を書いたブログになっています。

 

それでも、

自分たちと何ら変わりない毎日を

送っている姿を見ると、

不安に思っている肩の荷が少しだけ、

軽くなるという方も多いはずです。

 

それぞれの人生があるからこそ、

障害の有無にとらわれることなく、

それぞれで良いという

価値観が持てるようになると、

もっと子育てが楽しくなるのでは

ないでしょうか。

 

だからこそ、

息子がダウン症であったとしても、

多くの経験を積ませることが必要になるのです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ