ダウン症予防!妊活・妊娠中に葉酸サプリを飲むとどんな効果が出る?

スポンサーリンク

妊娠に葉酸サプリを取るといい!…という話をよく聞きますが、具体的に妊娠中の体、そしておなかの赤ちゃんにはどんな効果があらわれるのでしょうか?

yousan

妊活中~妊娠初期に葉酸を取るとあらわれる効果とは

葉酸は妊娠前、妊活中から摂取すると効果的だといわれます。

その理由は、葉酸が一部の不妊症に効果的だとされているからです。

不妊症にも色々ありますが、葉酸が効果的といわれているのが「着床不全」です。

葉酸には着床不全の原因といわれる子宮環境を整え、子宮内膜を強くしてくれる作用があります。

また、葉酸の働きは細胞分裂の促進なので、受精卵がしっかり細胞分裂して成長するのを助けてくれます。

こうしたしっかりとした細胞分裂をおこなえることは、胎児の一部の先天性異常を予防する手助けになります。

細胞分裂は元の細胞を次々にコピーして増えていくものです。

ですから、大元の細胞がしっかりしていなかったり、コピーミスをしてしまったりすると先天性異常の原因になります。

妊娠初期から葉酸を取ることで、予防できると考えられている先天性異常で代表的なのが、神経管閉鎖障害です。

最近では、ダウン症の予防にも効果があるのではないかと考えられています。

▶︎ゆめやの葉酸サプリの口コミや評判!ダウン症予防に葉酸がなぜオススメ?

妊娠中に葉酸サプリを取った方がいい理由

胎児の体を作るために葉酸を取ったほうがいい、という理由の他にも妊娠中の葉酸不足を予防する理由があります。

ひとつは妊婦さん自身の貧血を予防できるからです。

葉酸が不足すると悪性貧血が起こります。

悪性貧血は正常な赤血球が少なくなることで起こります。

葉酸は赤血球の元になる栄養素ですから、ただでさえ貧血になりやすい妊婦さんは、葉酸を意識して摂取する必要があります。

こんなに葉酸を取るべき理由があるにも関わらず、葉酸は食事から取りにくい栄養素です。

というのも、葉酸は熱に弱く、しかも食品に含まれる量をすべて吸収できるわけではありません。

また、天然の葉酸そのものが吸収されにくいという研究報告もあり、前で示した葉酸の効果はすべて合成葉酸での結果です。

このように、妊娠中では葉酸、しかも葉酸サプリを摂取することが求められています。

スポンサーリンク

▶︎妊娠中のダウン症予防なら葉酸がオススメ!高齢出産のリスクを大幅軽減

妊娠中の貧血!妊娠初期と妊娠中期では貧血の種類が違う

妊娠すると、貧血が起こりやすくなります。貧血といっても、妊娠初期と妊娠中期では、貧血の種類が異なります。

妊娠初期に生じやすいのは、悪性貧血です。

悪性貧血は、葉酸やビタミンB12が不足する事で、引き起こされます。

妊娠初期は、胎児の細胞分裂が活発で、DNAが生成されます。

その際、葉酸やビタミンB12が、多量に使用されます。

妊娠中期以降に起こりやすいのは、鉄欠乏性貧血です。鉄分そのものが、不足して引き起こされます。

主な症状は、立ちくらみ、動悸、息切れ、倦怠感などです。

妊娠中に飲む葉酸サプリには、鉄分も配合されたものが、好ましいと言えます。

▶︎ダウン症の原因を葉酸で予防と対策はできるのか!?

妊娠中の貧血予防に効くと評判なのがベルタ葉酸サプリ

妊娠中の貧血に効くと、口コミで評判なのが、ベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含有させる事で、通常の葉酸サプリよりも、葉酸を体内に長く滞在させられるように、工夫されています。

葉酸が、効率よく摂取できる葉酸サプリが、ベルタ葉酸サプリです。

また、ベルタ葉酸サプリには、鉄分が、1日あたり14.7mg含まれています。

食品から摂取できる鉄分の量は、6mgと言われています。

妊娠中に必要とされる鉄分は、1日あたり、妊娠初期が8.5mg、中期が14mg、後期が17mgです。

ベルタ葉酸サプリを飲んでいると、食品から摂取できない量の鉄分を、しっかり補う事ができます。

▶︎今すぐベルタ葉酸サプリを見る


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ