ダウン症の原因やリスクは卵子年齢で変わってくる?

ダウン症のリスクは若い方が小さく、

高齢になるほど

大きくなっていくものであることは、

多くの方が理解しています。

 

スポンサーリンク

 

しかし、

実際にどのような原因によって、

高齢出産の方が

ダウン症の可能性が

高くなるのでしょうか。

それを説明してくれるのが

卵子年齢なのです。

 

卵子年齢

卵子年齢が高齢になる、

つまり卵子が老化することによって

色々な影響が生じてしまいます。

 

子宮がん 女性のからだ 看護士

老化することによって、

卵子細胞の

さまざまな部分の質が低下してしまい、

その影響は染色体にも及びます。

 

ダウン症というのは

染色体が異常な状態となることであり、

この異常の原因は細胞が

老化してしまうことに由来するのです。

そもそも、

高齢の方が妊娠しづらいのですが、

これも卵子年齢と

大きく関わっています。

 

若々しい卵子であれば、

正常な遺伝情報を持っており、

染色体はきちんと正常な状態に保たれていて、

妊娠がしやすく、

生まれる子供も元気な状態である

可能性がとても高いです。

 

若い卵子であれば、

このように出産において

さまざまな点でメリットがあるのです。

 

卵子は女性が生まれる時に

一生分の細胞が作られます。

 

精子のように

常に新しいものが

作られるのとは異なるため、

女性は妊娠をする

限界の年齢が存在するのです。

 

スポンサーリンク

 

20代を過ぎると卵子の細胞は損傷して行く?

 

卵子はずっと

女性の体の中に

保たれているのですが、

時間が経過するとともに、

少しずつ細胞の損傷は

進んでいくでしょう。

 

特に妊娠に適した

年齢である20代を過ぎてしまうと、

卵子の細胞は

どんどん損傷の度合いを高めていき、

正常な状態を

維持できなくなってしまうのです。

 

卵子を作り替えることは

不可能であるため、

若いうちに出産をすることが

推奨されるのです。

 

卵子は必ず

劣化してしまうものであることを

理解することで、

高齢出産がダウン症につながることを

理解しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ