ダウン症の出産原因は主に薬なのか?

子供を妊娠する時に問題となるのがダウン症に関することです。

 

スポンサーリンク

 

なぜダウン症の子供が産まれてくるのか?

自分の子供がダウン症児として生まれてくるのはどうしても避けたいものです。

 

処方箋の薬

 

そのためには、ダウン症の原因として考えられるものが一体何かを知り、それに対する予防策を取ることが重要でしょう。

かつては妊娠をしている時に特定の薬を飲むことがダウン症の原因となっていたという説がありました。

他にも、妊娠中に何らかの病気に感染したり、放射線による影響がダウン症をもたらすという説も存在したのですが、現在ではこれらの説はそれほど重視されていません。

ほとんどのダウン症に関しては、卵子や精子が形成される際に染色体の分裂が上手くいかなかったために起こることが分かっています。

あるいは、受精卵が発育していく時に分裂異常が起きることでダウン症となるケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

精子や卵子の異常について

基本的にダウン症の原因として考えられるのは精子や卵子に異常が生じていることなのです。

特に女性の卵子の場合は、新しく作られることがないため、どんどんその機能が劣化していきます。

その結果として、卵子の染色体に異常が生じて、それによりダウン症児が生まれてしまうことになります。

一般的には35歳以上の女性の場合にダウン症児のリスクがとても大きくなってしまいます。

できるだけ若い時に出産をすることが重要なのです。もちろん、ダウン症に関係なく妊娠中に薬を飲むことはやめておいた方が良いでしょう。

ただし、薬が直接ダウン症児の原因となることは現在では考えられていません。

しかし、ダウン症児に関することは今でも分かっていないことがたくさんあるため、色々な情報を集めて、冷静に判断できるようになりましょう。正しい医学的な知識を持つことが大切です。

 

▶︎ダウン症の出生前検査は年齢制限があるって本当なのか!?

 

ダウン症の出産原因は主に薬なのか?のまとめ

近年では晩婚化が進み高齢出産も増えてきました。高齢での出産は、ダウン症児を妊娠、出産する確率が高くなります。

特に35歳以上の女性と20代の女性とのダウン症の出産率に関しては、だいぶ違います。

かと言って結婚を早たり、妊娠・出産を早めろというのは不可能です。

そこでエコーなどの検査をしたりと、妊娠検査をしっかいりとする事です。

羊水検査は母体に負担がかかるので、まずはエコー検査から初めて胎児の様子を確認する事から始めましょう!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ