ダウン症の胎児の成長曲線は普通の子供よりも遅いのか?

ダウン症の子供を抱えると、どうしても気になってしまうので、普通の子供との差です。比較しないようにしたくても、ついつい意識してしまいがちです。

ダウン症の子供を育てている中で、成長がなかなか進まない場合などは普通の子供より成長曲線が遅くなってしまうのか?という点です。

育てている親としては大変気になることでしょう。

はたして、成長曲線は普通の子供と比較した場合遅くなるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子の成長曲線の違い

実は普通の子供の成長曲線とダウン症の子供の成長曲線はグラフが違います。

ですので、ついつい普通の子供と比較してしまうこと自体が間違いであるのです。

 

downsyndrome

 

▶︎赤ちゃんのダウン症の特徴を分かりやすく説明します!

 

ダウン症の子と普通の子との成長曲線自体の差は?

ダウン症の子と普通の子との差は正直なところ有ります。

成長曲線を比べると、グラフ上小さいのがダウン症児の特徴となります。

注目したい部分は、ダウン症の子は成長ピークを早くに迎える所です。

12歳ぐらいには成長の曲線が急に鈍化します。

成人になるまでに差は開いてしまう傾向が表されています。

 

スポンサーリンク

 

普通の子とは過剰に比較しないで、焦らず成長を楽しみましょう

成長曲線の違いが有るように、ダウン症の子と普通の子との成長の差は有るものの、子供への愛情はダウン症の子、普通の子なんら変わりません。

なかなか育たない子供に不安を抱え過ぎずに、ゆっくりと成長している感動を噛み締めれる心のゆとりが大切です。

成長がどうしても心配な方は、ダウン症の子用の成長曲線が有りますので、かかりつけの病院で相談してみてください。

インターネットが普及した事で、同じ様にダウン症の子を育てている方のブログなどの情報交換サイトがたくさん増えました。

悩みが有る方は、1人で抱え込まずに、同じ境遇の方などに相談する事で子育ての不安も解消されたりします。

少しずつ頑張って成長している子を大きな心で見守っていてあげてましょう。

 

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ