ダウン症の特徴について性格はどんな感じなのか!?

ダウン症の人の性格は、非常に穏やかな状態です。

感情表現が上手に出来ないケースも多いのが事実ですが、基本的には笑顔の素敵な人が沢山いらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症特有の感性

ダウン症特有で、成長も非常にゆっくりですが、とても優れた感性を持ち合わせている場合が

多いのも事実です。

 

成長

 

何かひとつの物事を細く長く続ける事が出来るのも特徴としてあげる事ができます。

例えば、最近注目されている人がいます。

ダウン症の書家として知られるようになった「金澤翔子」さん。

4歳から書道を習い、現在は個展を開くまでの素晴らしい才能を開花させています。

成長がゆっくりである事から、忙しく社会生活をこなしていく健常者には、見えない世界を見ているのかもしれません。

時間の流れも少しのんびりとしている状態にあるのだと感じます。

もちろん人によって価値観も違います。

その価値観も、ダウン症の人が生きている独特の世界観から、思わぬ発想として表面に出てくるのだと考えられます。

絵の才能を発揮される人も多いのが事実です。

リハビリを兼ねてという事もあるようですが、手先が器用な人が多い事も知られています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症としての生涯

若くして亡くなってしまう方もいらっしゃいますが、ダウン症であっても平均的に、約50年の時間があるのです。

人の性格はダウン症の人でも健常者であっても、生れながらにある程度は決まっています。

一般的には、持って産まれたものと言われています。

幼少期が重要な鍵を握るというように言われていますが、日本のように全てが縦割り化された社会では、少し生きにくい状態にあるのだと言えます。

時間がゆっくり流れる状態の中で穏やかな心は育っていきます。

急がせ過ぎる事は、ダウン症の人には付いていけない状態です。

 

▶︎ダウン症が大人になって検査で発覚!性格や特徴について・・・

 

ダウン症の特徴について性格はどんな感じなのか!?のまとめ

ダウン症の人の性格や特徴をみると得意な分野を伸ばしてあげることで素晴らしい才能を開花する可能性というのがあるのがわかります。

ダウン症の人は性格も穏やかで感受性が豊かという事はゆっくりとその人が興味のある事や好きな事を伸ばしてあげることが一番なのかもしれませんね!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ