出産したダウン症の赤ちゃんの特徴を見つけるのは難しいのか?

出産直後の赤ちゃんからは、ダウン症の特徴を見つけるのは難しいのが現状です。

現在は出産前診断というシステムが、賛否両論で言われています。

出産したダウン症の赤ちゃんの特徴としては、生後3日〜5日程で発見される事もありますが、一ヶ月検診等で発覚する場合も多いようです。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのダウン症の特徴について!

≪体の柔らかさ≫

ダウン症の可能性があるかもしれない赤ちゃんは、通常よりも体が柔らかい感じがするという意見があります。

特に経産婦である場合に体の柔らかさを感じるみたいですね。

初産の時の感触とは違う!と感じられた人が多いようです。

 

赤ちゃん

 

≪力の弱さ≫

産まれたばかりの赤ちゃんは、もちろんまだ母乳もミルクも上手に吸って飲む事は出来ません。

しかし、数日間で母子共に慣れてきます。

それでも赤ちゃんの力が弱く、母乳やミルクが飲めないという特徴がみられます。

理由として、筋力が通常の状態より弱いという事があげられます。

 

≪ハッキリとした二重まぶた≫

赤ちゃんが目を開いているという事は、非常に少ないものです。

目を閉じている状態でも、くっきりとした二重まぶたである事もダウン症の可能性の特徴のひとつです。

 

≪泣かない≫

まず、産声が非常に弱いという特徴があるようです。

産声はこの世に出てきた赤ちゃんにとっての、第一声ですね。

更に、お腹がすいたりしても、あまり泣かない、大人しいという特徴もあげられます。

手のかからない子という表現をする事もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

まだある?赤ちゃんのダウン症の特徴!

その他にもダウン症の特徴がありますが、赤ちゃんの段階で、自身の判断は非常に難しいと考えられます。

情報社会ですから、自分でインターネットの情報を調べ、我が子に当てはまる部分があるからと言って、必ずしもダウン症であるとは言えません。

 

▶︎新生児ダウン症の特徴は猿線です!

 

出産したダウン症の赤ちゃんの特徴を見つけるのは難しいのか?のまとめ

出産したばかりの赤ちゃんは、比較的顔がはっきりしない為、すぐにダウン症だというのがわかるのは、なかなか難しいようです。

泣き声や二重、力の弱さといった点からダウン症というのを判断するのも可能ですが、やはり生後5日前後で100%ダウン症という事を判別するのは厳しいのがよくわかります。

気になった点を書き留めておいて、1ヶ月診断で検査をしてもらうといいでしょう。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ