新生児ダウン症の特徴は耳でわかる

新生児のダウン症の特徴は耳に現れてくるとのことらしいですね。

もちろん耳以外の顔や手、足などにも特徴が見られるようですが、耳は特に顕著にダウン症の特徴の出る箇所のようです。

具体的に言いますと、耳のサイズは小さく、比較的低い位置についており、形の異常も見られるそうです。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の特徴は耳?

私もたまにダウン症の子供を見かけることがありますが確かにそういわれてみれば、耳が特徴的なような気もしてきました。

また、余談ですが、耳つながりで、中耳炎などの耳の病気にもなりやすい、という特徴があるとのことだそうです。

 

ダウン症

http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/8112085.htmlより引用

顔つきなどに特徴があるだけでなく、病気にもなりやすい体質でもあることがわかりますね。

そして忘れてはいけないのが、ダウン症の子達の寿命について…。

何と50歳くらいらしいです。そんなに短命なんですね。

言われてみれば、街中で高齢者のダウン症患者をあまり見かけないですから…。

話がそれましたが、とにかく、新生児のダウン症の特徴としては耳にも表れる、ということでした。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児は聴覚障害をおこしやすい!

また、聴覚障害も起こしやすい体質だそうで、まさに一人ですべての病気を抱えて生まれてしまった、と言えるのではないかと思います。

中耳炎にしろ、聴覚障害にしろ、患う人は多いですが、私もかかったことがある一人として、それだけでも充分にうっとおしいものであることを知っています。

新生児にとって、こんなにもたくさんの症状を抱えるなんて、重すぎるのではないかと思います。

不公平に生まれてきた、と思ってしまっても誰もそれを責めることはできないと思います。

私もダウン症について、あまりよく知らなかったのですが最近ちょっと調べてみてから、ダウン症の人たちがいかに不遇かということを知りました。

 

▶︎ダウン症の耳は内側に折れているのか?

新生児ダウン症の特徴は耳でわかるのまとめ

ダウン症の特徴が耳に現れやすいという他、合併症にもなりやすいというのがよくわかります。

特に重度となると心臓への合併症といった病気も引き起こしたりします。

ダウン症の人は耳をマメに清潔保つ必要があります。

日々のケアで十分に予防できるのではないでしょうか!?

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ