ダウン症の確率が高まる年齢は何歳から?

ダウン症の子が生まれる確率が

高くなる年齢は

いったい何才くらいなのでしょうか。

女性にとって気になる所を調べてみましたところ!

 

40才で100人に一人くらいの割合、

そして45才では30人に一人くらいの割合で、

ダウン症の子供が生まれるそうなのです。

40才と45才では

全然確率が違うことがわかりますよね…。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は何歳から高まる!?

上の様に一般的には

言われているのですが、

例外ももちろんあります。

 

20才でダウン症を

出産した人がいるかと思えば、

45才で丈夫で

健康な子供を出産した人もいる、

ということなのです。

 

一般的に高齢妊娠、

出産というのは、

ダウン症の原因となる

染色体異常を引き起こしがちである

と言われています。

 

高齢妊娠なので、

母親が年を取っている、

ということですよね。

となると、

母親の卵子も老朽化していたり、

母親側に問題が出てくるのです。

 

ダウン症

だから子供は若いうちに産んだ方が良い、

と言われているんですね。

最近の医学では、

羊水検査や超音波検査などで、

ダウン症かどうか検査することができるそうです。

 

なので、

事前にダウン症かどうか、

ということがわかるんです。

ダウン症だったら、

出産するかどうか考える、

という人たちが多いようです。

 

スポンサーリンク

 

40歳からはダウン症の出生率が高くなる確率があがる!

40才過ぎの高齢になってくると、

ダウン症の子供ができる可能性は高くなることを

よく覚えておかれた方が良いと、

私は思っています。

 

そのことは、

確率の数字が如実に

表わしていると思いますから。

 

30人に一人、

というのは見逃せない数字だと

私は思っています。

 

とは言え、

子供は天からの授かりもの

と言われていますしダウン症であろうと、

そのほかの障害であろうと、

元気であろうと親にとっては

かけがえのない子供なんですよね…。

 

それを忘れてはいけないと思います。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ