ダウン症の確率!経産婦も知っておきたいポイント!

ダウン症は経産婦にも

可能性があるのでしょうか?

 

確率的にはどのくらいになるのか、

知りたい方は多いと思います。

 

一般的に初産婦は35歳から、

そして経産婦は40歳からが

高齢妊娠となると言われています。

 

スポンサーリンク

 

経産婦とダウン症について

そして、

経産婦といえども

高齢妊娠になると、

ダウン症の確率は高くなってくるそうです。

 

ダウン症以外にも、

流産の確率や、

妊娠中毒症の増加など

色々な症状が出てきて、

リスクが大きくなってくるそうです。

 

ただ、

これらのことは一般的に

言われていることであり、

全員が全員そうかと言えば

そうでもなかったりします。

 

高齢妊娠

および出産を経験した人でも、

健康で丈夫な子供が生まれたという

事例はいくらでもあるのです。

 

妊婦

 

なので、

高齢妊娠が初産婦、

経産婦問わず、

ダウン症の子供を産んでしまう

可能性が高いというのは、

一般的に言われていることのようです。

 

ということは、

そんなにこのことについて、

くよくよ考える必要も

ないということになるのではないでしょうか・・。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産と経産婦について!

実際私の知っている女性でも

40を超えた年齢で、

妊娠出産をされた人がいます。

 

経産婦ではなく、

初産婦だったようですが、

健康な赤ちゃんが生まれています。

 

このような例はいくらだってある、

ということなのです。

 

ダウン症の確率のことばかり考えて、

出産を思いとどまるのもいかがなものかと

思いますので、

よく計画を立ててから、

妊娠の準備を

されるとよいのではないかと思います。

 

それにしても、

初産婦、

経産婦問わず、

高齢妊娠というものは

ダウン症に関係あり可能性がある

というのには正直驚きました。

 

私はてっきり、

高齢妊娠というのは、

初産婦に使う言葉かと

思いこんでいましたから。

 

私は妊娠の経験はありませんが、

これらのことは

知識として覚えておきたいですね。

 

12・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ