ダウン症の出生確率!32歳からのダウン症の心配は!?

ダウン症児の出生確率については、

これからお母さんになろうとしている方に

とってはかなり重要な問題でしょう。

 

特に最近はマスコミなどで

ダウン症児について扱われる機会が多いため、

必要以上に悲観的になっている人が

いるかもしれません。

 

自分が妊娠をした時に、

胎児がダウン症児であったら

どうしたらいいのか悩んでしまう方は多いです。

 

スポンサーリンク

 

32歳からのダウン症の出産について

 

特に32歳ぐらいの年齢の方は、

高齢出産と呼ばれる年齢ではないのですが、

かといって若い年齢ともいえず、

妊娠に関しては微妙な気持ちになりやすいでしょう。

 

仲良し親子

自分は20代ではないという気持ちがあるために、

32歳という年齢で

ダウン症児を産んでしまうのではないかと

不安な思いがあるかもしれません。

 

それでは、

実際に32歳の場合で

ダウン症児が生まれてくる可能性は

どれくらいあるのでしょうか。

 

32歳では460分の1の確率

ダウン症児を妊娠する

可能性があるとされています。

 

この数字を見れば、

多くの方は安心するでしょう。

 

460分の1は

パーセンテージにすると1%未満であり、

ほとんど気にする必要のない数字であるといえます。

 

もちろん、

32歳でもダウン症児を

妊娠することはありますが、

20歳でも1000分の1の確率

ダウン症児は生まれるのです。

 

1000分の1と460分の1は確率としては

ほとんど変わらない数字であると考えられるため、

32歳の方は20歳の方と

同じような気持ちで妊娠に望むべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子育てについて

また、

そもそもダウン症児が生まれたとしても、

きちんとダウン症について理解をして、

親として温かく子供を育てること

できれば何の問題もありません。

 

今ではダウン症に関する

医学的な研究がかなり進んでおり

どのように子育てをするべきなのかも

分かっています。

 

したがって、

万が一ダウン症児が生まれたとしても、

安心して子育てをしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ