不妊治療でのダウン症の確率は!?

不妊治療でのダウン症の確率について!

結婚して子供を簡単に授かる事が出来るのは、

容易な事ではありません。

 

欲しい時に妊娠出来て、

健康な赤ちゃんが生まれるという確率は

非常に低いのが現実です。

 

スポンサーリンク

 

ニ人目不妊

二人目不妊という言葉も定着していますが、

二人目が出来ない事で

治療に踏み切るケースも増えています。

 

不妊治療 ダウン症 確率

http://yuseido.info/より引用

 

二人目の不妊治療で

ダウン症の可能性が高くなる理由として、

一人目の時よりも加齢の状況にある事が言えます。

 

「不妊治療」を考えるカップルは、

子供が欲しくても授からず悩んだ結果、

医療的な治療に入る状態が多いと言われています。

 

そして近年の晩婚化で、

高齢出産を迎える女性が多くなりました。

 

やはり女性は35歳以上になると、

自然妊娠は確率的にも低くなり、

ダウン症児や疾患を持って産まれる確率が

高くなるのも事実です。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産=ダウン症

では「不妊治療=ダウン症児」である、

または「高齢出産=ダウン症児」である。

 

このように認識している女性が多くなっているのも事実です。

 

原因のひとつとして、

インターネット上の情報が上げられます。

 

自分が知りたい情報を、

キーワード検索するだけで

沢山の情報を得る事が可能になった背景には、

正しい知識だけではなく噂や憶測、

間違った情報があふれています。

 

不妊治療をして授かった子供が

ダウン症であったという確率は、

想定するほど高くないのも事実です。

 

健常な子供が生まれる可能性が大きいのも事実です。

 

人工授精等の方法で出産に至った場合でも、

必ずダウン症児や障害児であるとは限りません。

 

特に不妊治療中は、

女性にとって精神的にも肉体的にも

大きな負担になるものです。

 

辛い治療に耐え、

赤ちゃんを授かる事が出来た時の喜びは、

不妊治療を頑張った人にしか分かりません。

 

結果としてダウン症であったとしても、

受け入れられる人が多いのも事実です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ