二人目の出産でのダウン症の確率は!

二人目の妊娠が分かった時、

ふと脳裏を過ぎるのは

ダウン症の可能性だと

言われるようになりました。

 

理由のひとつに、

インターネットの情報の

普及が上げられると思います。

 

自身が知りたい事を

キーワード検索すると、

様々な情報を閲覧する事が

できるようになったからです。

 

スポンサーリンク

 

2人目の出産でダウン症の出生率はあがるのか?

二人目の出産では、

ダウン症児が

生まれている家庭が多いのでは?

と思えるような記事も

多々目立つと思います。

 

ダウン症は

先天性の疾患ではない事を

理解しましょう。

 

現在は、

高齢出産=ダウン症というような

意識が高くなっていますが、

確率は高くなると言われているだけで、

イコールという事ではありません。

 

先日のテレビ番組で

奥山佳恵さんの

次男のダウン症

風景をやっていましたね。

 

奥山佳恵ダウン症

http://benesse.jp/blog/20140307/p1.htmlより引用

 

高齢出産の領域であった事、

次男である事…というように、

たまたま偶然が重なってしまっただけの事で、

イコールの世界ではない事を

しっかりと理解する必要があると考えます。

 

妊娠初期では、

早過ぎてダウン症の有無は確定しません。

 

毎日不安を抱いて過ごすくらいなら…と、

羊水検査を進んで受ける

妊婦さんも多くなっているのが事実です。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子供は要らない。悲しい現実…

ダウン症の子供は要らない。

そんな悲しい事実も沢山報告されています。

 

二人目の妊娠でもしも、

ダウン症の可能性が見つかったら、

産まれた後の事を

悲観してしまいがちですね。

 

高齢出産の場合は、

自分達の方が確実に歳を取っているわけですから、

ダウン症を持って生まれてきた子供の世話が

いつまで出来るのか?等の問題が出てきます。

 

乳幼児の時期までは、

親と過ごす時間が全てですから、

他の同世代の子供と

比較する事はないでしょう。

 

幼稚園や保育園、

小学校等の教育の時期には、

明らかに生活が違うという事実も出てきます。

 

それでも、

可愛い我が子に違いはないと思います!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ