子供がダウン症で生まれる確率とは?

子供がダウン症で

生まれる確率というのは、

どのくらいなのでしょうか…。

 

一般的に、

20才では1667分の1くらい、

30才では952分の1くらい、

そして、

40才では106分の1

そして45才で30分の1くらい、

と言われているそうです。

 

スポンサーリンク

 

年齢とダウン症発症率

高齢妊娠がダウン症の

発症の確率を高くする、

というような通説がありますが

一概にそうとも言い切れないとは思っても、

やはり年齢が上になるほど、

確率は高くなってしまいますね。

 

やはり、

丈夫で健康な子供を産んで育てるのは、

若いうちの方が良い、

ということになるかと思います。

 

女性には卵子がありますが、

高齢になってくると、

卵子も老朽化してしまい

損傷したりするそうです。

 

それが、

ダウン症を引き起こすと言われている

染色体異常につながってゆく、

ということみたいです。

Close up of woman receiving ultrasound
 

ですから、

若いということは、

卵子も元気、

ということになるわけでありそういう

チャンスを狙って妊娠をされた方が、

丈夫な子供が生まれる

可能性は高い、

ということになりますね。

 

かといって私は

高齢妊娠を否定するわけではありませんが、

確率的に高くなってしまうということは

否定できない事実だと思います。

 

スポンサーリンク

 

担当医と相談して検査をする事も考える!

医学では、

色々な検査によって、

出産する前にダウン症かどうかを調べることができます。

その結果を見て、

担当医とよく相談しながら

出産をされるのが良いのではないかと思いますね。

 

もしダウン症の子供だったとしたら、

その子が大きくなることを考えて、

本当に夫婦や周りの人たちで育ててゆけるのか、

どうかを良く見極めるべきだと思います。

 

中絶は倫理上の問題点がありますが、

やはり障がい児を産んで育てることは

並ではないことだと思いますから…。

ダウン症として生まれてきたとしても、

かけがえのない命であることは

確かなのですが…。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ