お腹の胎児のダウン症の確率と年齢について

お腹の中の胎児が

ダウン症であるかどうかを決める重要な

要素は母親の年齢です。

 

一般的には

母親の年齢が高くなるにつれて、

生まれてくる子供が

ダウン症児である確率が高くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産とダウン症

高齢出産は危険性があり、

できれば若い時に妊娠をして

子供を産むべきだとされているのです。

 

マタニティ

 

それではいわゆる高齢出産とは

具体的に何歳からなのでしょうか。

 

大体、

35歳以上になると

ダウン症児の産まれる確率が

急激に高まっていくとされています。

 

したがって、

35歳を超える女性が

妊娠をする場合は

高齢出産としてある程度の

リスクは覚悟をしておくべきです。

 

ただし、

ダウン症児は若い女性であっても

発生することはあり、

たとえ35歳だったとしても、

ダウン症児が生まれないことの方が多いです。

 

発生頻度としては、

20歳の場合は1667分の1であり、

これが35歳になると378分の1となります。

 

40歳では106分の1であり、

45歳では30分の1となります。

 

また、

ダウン症児ではなくても、

染色体に関して何らかの異常を持った

子供が生まれてくる可能性は

年齢とともに高まっていきます。

 

どうして高齢になると

ダウン症児の危険性が高くなるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

なぜ高齢出産はダウン症が産まれやすいのか?

 

人間の女性が持っている卵子は

胎児の時にすべて形成されます。

 

そして、

排卵期になると毎月卵子を

排出していくようになるのです。

 

そのため、

高齢になれば、

卵子が形成されてからの期間が長くなってしまい、

何らかの異常が生じる可能性が高まるのです。

 

だからこそ高齢出産には

リスクがあるとされているのです。

 

ここで勘違いしないでもらいたいのは、

高齢出産は必ず危険だということではない点です。

 

上記で見てきたように、

たとえ35歳の出産でも、

ダウン症児になるのは378人に1人程度の割合です。

 

ほとんどのケースでは

高齢出産でも元気な子供が

生まれることは理解しましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ