39歳ダウン症児の出産確率と検査についての悩み

最近は芸能人が

高齢出産をするケースが多く、

その際にダウン症児を

産んでいることが

話題となることがよくあります。

 

基本的に高齢になるほど、

ダウン症児を出産する確率が

増えてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

35歳からの出産はダウン症について気をつけるべき年齢!?

35歳以上が

特にダウン症児に気をつけるべき

年齢であるとされています。

赤ちゃん

39歳の方の場合は、

ダウン症児を出産する可能性は、

150分の1となっています。

これは39歳では150人に1人の方が、

ダウン症児を出産していることになります。

 

もちろん、

39歳で出産をしたとしても、

ほとんどのケースでは普通の子供が生まれます。

 

したがって、

39歳の方が妊娠をしていたとしても、

自分がダウン症児を絶対に産んでしまうと

考える必要はありません。

 

ただし、

高齢出産の場合は念のため

検査をしておいた方が良いといわれています。

 

お腹の中の子供が、

ダウン症児であるかどうかは、

妊娠をしている段階で検査を

受けることによって分かります。

 

しかしもし自分の子供が

ダウン症児だからといって、

出産をするのを諦めるかどうかは、

人それぞれ異なります。

 

ダウン症児でも、

自分の子供には違いないと考えて

育てていく決意をする人もいれば、

なくなく中絶するという選択をする人もいます。

 

スポンサーリンク

 

20代でもダウン症の事を真剣に考える

20代の方でも最近は、

ダウン症児について真剣に考える人が多く、

時には神経質になってしまい、

悩んでいる方が多いです。

 

39歳であれば、

なおさら自分が、

ダウン症児を妊娠してしまうかもしれないと、

気に病む方がいるかもしれません。

 

しかし、

39歳でも150人中149人の人は

普通の子供を出産することができます。

 

したがって、

それほど悲観的になる必要はないでしょう。

 

特に既に妊娠をしている方に関しては、

元気な子供を産むことだけを

考えた方が良いでしょう。

 

もちろん、

気になるのであれば

検査を受けてみるのも良いです。

 

どちらにしても、

真剣に考えることは大切ですが、

悲観的になりすぎる必要はありません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ