40歳からのダウン症の確率は意外と低い事が判明?

40才からのダウン症の確率はどのくらいなのでしょうか。

一般的に40歳以上の妊婦のダウン症の確率は100分の1くらいといわれています。

つまり1パーセントということになりますね。

 

スポンサーリンク

 

40歳のダウン症のリスクは!

昨今、高齢妊娠、出産はダウン症のリスクが大きくなるので、ためらっている人たちが増えているようですが、実はこの数字は決して大きいものではないんですよね。

医療の情報というのが多大に行きかっているために、このような情報に振り回されてしまう女性が多いのではないかと思います。

実際に、高齢出産に関する知識を持っている女性は数少なく、ダウン症に関する知識も少ないのが現状だそうです。

 

Young Down Syndrome child playing on piano

 

また、報道を見ていると、卵子の劣化や染色体の異常のことばかりが触れられていて、少し違和感を感じる、と思っている人も多いとのことです。

ということは、高齢妊娠、特にダウン症の可能性について、そんなに神経質に考える必要ない、ということなのでしょうか・・。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産のリスクはズバリ!ダウン症なのか!?

高齢出産のリスクはダウン症である、と考えている人たちは多いと思いますが、むしろ、最大のリスクは不妊症であり、第二が流産、とのことですのでダウン症のことではない、と言えると思います。

まぁいずれにせよ、40才以上のダウン症の確率にかかわらず、高齢妊娠には色々なリスクがあるようですので、出産や子育ては出来るだけ

若いうちにしたことが良い、というのは言うまでもないですが、それでも40才以上の妊娠などというのは経済的なゆとりができる時期、ということもあり、気分的にも余裕があったりして、良い面もあるのです。

それを考えると、あまり若いうちに子供を産んで子育てするのも大変だしなぁ、などと思ってしまいますよね。

どちらにせよ、両親の間でよく話し合って妊娠の計画を立てるのが良いと思います。

 

40歳からのダウン症の確率は意外と低い事が判明?のまとめ

高齢出産でのダウン症の出産率が1%程と知り驚いたのが本音です。

TVでは過剰にダウン症を取り上げたりすることで不安を煽っている部分もあると思います。

またダウン症は女性だけに責任があるわけではないので、男性の方も高齢の場合は注意を払う必要があります。

全体の1%での談笑の出産率は、私にとってはだいぶ低いと感じました!

 

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ