42歳で妊娠!ダウン症の確率は!?

42歳という年齢では、

高齢出産と呼ばれる

領域にあると言えます。

ダウン症での出産確率はあがるのでしょうか?

 

自然妊娠する事自体が

非常に確立としても低くなる現状です。

 

スポンサーリンク

 

高齢での自然妊娠は難しいのか?

42歳という高齢で妊娠した場合、

不妊治療の末であっても自然妊娠であっても、

ダウン症児を出産する確率は、

高くなると言われるようになりました。

 

子育てする夫婦

 

しかし、

高齢出産をされる全ての人に、

ダウン症の赤ちゃんが授かり

産まれてくるわけではありません。

 

医学的に確率は低くなりますが、

20代で出産された場合でも、

ダウン症児が

産まれてくる可能性はあります。

 

近年の晩婚化が

多くなっている現状では、

女性の初産の年齢が上がっています。

 

35歳以上を

高齢出産の領域とされているようですし、

40歳以上は更に

超高齢出産という言葉も

使われるようになりました。

 

確かに、

出産や出産後の事を考えると、

高齢出産には

あまり良いイメージはないようですね。

 

とにかくダウン症児が

産まれるリスクが高い!

という意識が

根付いてしまっているのが事実です。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産での検査の現状

妊娠した女性の年齢が高い場合、

妊婦検診等の

定期的な検診で異常が見られた場合は、

医師から血液検査

羊水検査の話をされる場合もあります。

 

エコー検査でダウン症の特徴である

後頭部の浮腫が確認された時には、

羊水検査という検査がありますよ、

という事を言われる事もあります。

 

羊水検査ではダウン症の有無が

100パーセントの確率で判明します。

 

もし、陽性だと結果が通知された場合、

人工中絶という手段も考えられます。

 

逆に、

大丈夫!

と思える人もいますね。

 

確かに、

データ上では高齢出産で

出産する人にダウン症児の確率は

高くなるとされていますが、

検査を受けるか受けないかは、

ご夫婦でしっかりと

話し合いをして決める事です。

 

出産までのマタニティライフを

心配無い状態で過ごしたいと

考える人が多くなっているのも事実です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ