ダウン症の耳は内側に折れているのか?

現在妊娠をしている方や、

これから子作りを計画している方にとって、

ダウン症児は

とても関心のある問題となるでしょう。

 

自分のお腹の中にいる子供が

果たしてダウン症なのかどうかを

すぐに知ることができれば、

色々と対処することができます。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児の耳について

 

生まれた後に

ダウン症児であると告げられるのと、

妊娠中にダウン症児であることを

知るのとでは、

受けるショックは

大きく異なるでしょう。

 

Baby's ear

 

ダウン症児には

外見的に普通の子供とは

異なる特徴を有していることが多いため、

たとえばエコー写真によって

ダウン症の可能性が

あるかどうかを知ることが

可能です。

 

正確にダウン症の判断をするためには

染色体を検査しなければいけませんが、

まずはリスクのまったくない検査である

エコー写真から判断をしましょう。

 

ダウン症児の症状の一つとして、

耳の形に異常が

生じていることがあります。

 

耳介が小さかったり、

耳たぶが変形していたり、

耳が内側に折りたたまれているなどの

特徴があります。

 

ただし、

ダウン症であっても、

健常児と同じような耳をしている

ケースはあります。

 

また、

耳の特徴のみから

ダウン症児を判断することは

たとえ医師であっても

難しいことです。

 

スポンサーリンク

 

耳はあくまで特徴のひとつ

 

実際には耳だけではなくて、

その他の特徴についてもよく観察をして、

総合的に考えて

ダウン症である可能性が

どれくらいあるのかを考えることが大切です。

 

ダウン症とは染色体に

異常が生じていることであり、

これによって通常の子供よりも

成長が遅れてしまい、

その結果として全体的に

耳が小さくなることが多いです。

 

ダウン症の一つの特徴として、

耳の大きさや形に

注目してみましょう。

 

大切なことは自分の勝手な判断によって、

ダウン症であると

決めつけてはいけないことです。

 

最終的に判断は医師が行います。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ