ダウン症の顔の特徴は?

ダウン症の新生児の顔の特徴についてですが、

以下のような特徴が見られるそうです。

第一に、

扁平でのっぺりとした顔

第二に、

切れ上がった目

そして他には耳たぶの変形

短くて太い指

外反扁平足などもあります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は染色体の異常から起こる!

そもそもダウン症というのは、

染色体の異常から起こるもので、

約千人に一人の割合で発症するそうです。

発症の原因はいろいろあるそうですが、

特に女性の高齢出産などが影響していたりするようです。

 

また、

妊娠中の薬の服用なども

原因となることがあるとも言われていますが、

真偽のほどは明らかではありません。

 

私が子供の頃には

年齢の少ないダウン症児をよく

見かけたものですが皆が皆、

この顔の特徴を持っていたように記憶しています。

 

本人には失礼かもしれませんが、

とてもユーモラスな顔つきだったので

いろんな人がいるものだなぁ、

などと感じていました。

 

顔の特徴については、

先に申した通りですが、

耳たぶの変形というのには

かなり極度な特徴が見られるようですね。

 

Smiling handicapped boy outdoors.

実際にダウン症の子供が身近にいるわけではないので、

耳たぶまでは見たことがないのですが、

耳を見ればダウン症だとわかるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は歳を重ねると顔が変わってくる!?

小児のころは、

こうした顔の特徴というのが見られますが、

年齢を重ねるとともに

顔つきはだいぶ変わってくるようです。

 

なので、

成人のダウン症児は、

パッと見てわからないこともあるそうです。

子供のころに顕著だった顔つき、

ということになるのでしょうね・・。

 

まぁ、

こんな風なので、

ダウン症として生まれてきた

子供さんを持つ親御さんも、

あまり気にする必要はないような気はします。

 

早まって

整形手術をするダウン症の患者さん

もいらっしゃるようですが、

顔つきも個性の一つ、

と思えば、

乗り越えられるのではないでしょうか。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ