ダウン症の顔は整形で普通の人と同じ顔になるのか?

ダウン症の顔は

整形で普通の人と同じ顔になるのか?

という結論は、

症状の度合によって異なります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は整形出来るのか!?

重度のダウン症の場合は、

知的障害や

その他の発達障害が

非常に多く、

顔全体を整形手術するだけの

体力も難しいとされています。

 

症状が重い場合でも、

今はメイクやリハビリなどの方法があり、

若干、

目立たなくする方法は

進歩しているようですね。

 

ダウン症が軽度の場合は、

大人になって日常生活で

自立支援の方法を学びます。

 

従って、

自分の事は自分で出来る人は、

ダウン症独特の表情が

違ってくると言われています。

 

大人になってからの自立は、

ダウン症という病気を抱えながらも、

立ち向かう精神力にも

繋がっているように思えます。

 

スポンサーリンク

 

海外はダウン症の顔を全面整形する事もある!

日本在住のダウン症患者さんは、

整形手術という方法は、

あまり積極的ではないのも事実です。

 

日本はまだまだ整形に関しての

偏見が多い国のひとつでもあります。

 

中国や韓国などのアジア方面では、

整形は普通の感覚ですね。

 

ダウン症である事を気にして、

全面整形をする人もいるようです。

 

整形技術も、

近年は非常に高度になりましたので、

プチ整形で部分的に整えるだけでも、

ダウン症の顔つきは大きく変わります。

 

特に女性は気にする事が多いのも事実です。

 

ダウン症患者であっても、

ひとりの人間です。

 

障害の有無を気にして生きるより、

自分の気が済むようにという

気持ちが強くなっています。

 

その為の手段・方法のひとつに

「整形」があげられます。

 

女性の顔と黄金比

 

たとえ整形手術をして

ダウン症の顔を隠せたとしても、

病気が治ったという事ではありません。

 

しかし、

精神面が大きな変化を

もたらす事は事実です。

 

気持ちがポジティブになる事で、

社会との繋がりも増えてきます。

反面、

ありのままで良いと

思う気持ちもあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


関連記事はこちら↓↓

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ